カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングによる撥水効果は?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/16

カーラッピングはラッピングフィルムを使用するため、すぐに貼れて、すぐに剥がせるのが魅力ですが、費用対効果にはどんなものがあるのでしょうか。もちろん、傷がつきにくいのもウリでしょうが、水はけ、水弾きがいいのもポイントだともいわれています。この施工は、自分でもできるものなのかも合わせて調べてみましょう。

信頼できる専門業者に施工は任せよう

そもそも、カーマニアでもなければカーラッピングとは何ぞや、そう思われるドライバーが大半ではないでしょうか。車のボディに薄いフィルムを貼り、装飾を施したり、ボディ表面の保護をしたりする方法だといいます。

アニメなどのキャラクターなどがボディに施された車を見たことがある人も少なくはないでしょう。車体のフルラッピングもできたり、部分的なラッピングも業者に任せればどちらも可能になっています。

一般的な塗装とも違っていて、ラッピングフィルムであるからこそ、いつでも剥がすことができるので、飽きたり、不満があるならいつでももとに戻すことができます。また、施工期間も塗装なら3週間ほどかかりますが、カーラッピングでは1日から2日というスピーディーな施工できれいに仕上がるというメリットもあります。

車のラッピング・フィルムコーティングサービス事業者の場合、専門として展開しているようですから、実績で選ぶならばこうした業者でしょう。せっかくの愛車に施すならば、専門業者に任せましょう。

ボディの色も変えずという特徴を持つのが、透明なプロテクションフィルムなのだそうで、ボディの持つ色を生かしたいけれど飛び石などによる傷がつくことを避けたい、そうしたドライバーからもカーラッピングは人気取りしています。

さまざまな目的で利用され、デザインや質感にまでこだわることができ、なおかつ、ラッピングフィルムや必要な道具も市販されているからこそ、自分の愛車を他人に触らせたくないのならば、DIYも可能です。しかし、広い面であったり、複雑な曲線などに貼るために知識や技術も必要ではあるので、やはり専門業者に依頼するほうが賢明でしょう。

耐久性は塗装のほうが勝る声であったり、ラッピングフィルムについてしまった傷は補修も難易度が高くなる声もあります。それでもこだわりあるボディの色やイラストは、まわりからすれば目を惹くもので、ドライバーからすれば一種のステータスでしょう。傷や汚れなどから守ってくれるのであれば、試してみてもいいのではないでしょうか。

ちなみに、汚れの問題があるように、カーラッピングによる撥水効果はあるものでしょうか。透明なプロテクションフィルムはガラス面への施工も可能です。もちろん、洗車は手洗いを推奨している施工業者が少なくありませんから、すべてに撥水加工がされているとは断言できません。耐久性は業者によって差があるようで事前に確認しておくのがいいでしょう。

ラッピングフィルムを施してからワックスを施す、そうした専門業者も少なからずいるようです。ちなみに、ラッピングフィルムの表面が破けたり、剥がれてしまえば、撥水効果もなくなります。高圧洗浄機などを使って汚れ落としをするのならば、注意も必要でしょう。

高品質のラッピングフィルムを使おう

カーラッピングによる撥水効果といえば、雨に濡れても大丈夫ということでしょう。雨に濡れるとラッピングフィルムが剥がれる懸念もありますが、これは使われるラッピングフィルムによってさまざまです。ラッピングフィルムの特徴を知っておかなければ対応できないでしょう。

ちなみに、表面が濡れた場合でも、専門業者に任せることで何かしら問題が起こる可能性は低いようで、安心して利用できることを業者も口をそろえて答えています。それは、撥水効果があるからで、耐久性の高い素材が使われているからです。

撥水効果の1つは、外で走る車の表面に貼るラッピングフィルムですから特別な加工をしていても剥げにくく、目を惹くデザインも雨や水滴などで見えなくなることもありません。スピード感ある走行で、水滴も流れ、特別なデザインがかすむこともないでしょう。

もちろん、製品によっては耐久性がないものもあるようですから、実績あるところのものを選びましょう。DIYで、という考えならば、十分に調べてから必要な施工をすれば問題が起こりづらくなるでしょう。水に濡れると劣化してしまう製品も少なからずあり、高品質であればそれなりの費用もかかりますが、費用対効果は絶大です。

ラッピングフィルムは、雨に強いものもあり、耐久性の高いものは使いやすく、剥がれないので長く利用できます。しかし、太陽の光に弱い性質があるので、夏時期の車のボディは高温になりがち、剥がれるだけでなく、紫外線の影響により劣化するスピードも早まる可能性さえなきにしもあらずです。

高品質のラッピングフィルムを使う理由は、長期間利用できるメリットで、丈夫にできているからです。ただし、長期間利用していればいずれは劣化するものですから、カーラッピングでは定期的な貼り替えは必要だと覚えておきましょう。

水滴のスジも残らずにデザインも魅了できる

豊富な色柄のラッピングフィルムで楽しみ方は無限大で、軽度な飛び石による傷、汚れから保護することもできます。ちなみに、カーラッピングによる撥水効果はどれくらい持つのかも気になるものですが、環境にもよりますが、それでも手入れをしていれば3年程度は持つ高品質のものもあるようです。

透明感がアップして光沢も出るでしょうし、素材に優しいラッピングフィルムならホイールに施すことで汚れが付着してもスッキリ落とすことができます。ピンピンと水弾きがいいということもウリですし、メッキパーツのキラキラも復活するでしょう。

さらに、虫や鳥のフンなどの汚れなどもサッと拭き取ることさえ可能、水滴などのスジが残らないなど、どんな車でも、いつでもどこでもすぐにきれいにできます。ボディ、メッキパーツ、ヘッドライトやブレーキランプの灯りも輝きが違うでしょう。

ちなみに、市販のガラス撥水剤でボディの塗装が溶けてしまうともいいます。拭き取りタイプではガラスからはみ出してボディについてしまうもので、サイドミラーに水が垂れたスジができるのは、成分が雨でボディにまで流れてしまった証拠で、乾いてから塗装が曇ることもあるようです。ですから、ガラスへの加工も専門業者に任せましょう。

濃密な膜を施すことを謳う専門業者では、超撥水トップコートを重ね塗ることもしてくれるといいます。ガラス系コートに比べると、純度の高い成分で被膜を形成しているようで、水系・油系両面の汚れを寄せつけないようで、長期間美しいボディを維持できるともいいます。また、高いレベルで耐候性、耐熱性、耐薬品性という性能のよさがあり、さらに光沢やツヤを実現してくれます。

 

デザインで愛車を魅了させたいのなら、カーラッピングを施すのもありでしょう。美しいラッピングフィルムを貼るだけで、塗装と同じように色柄を楽しむことができます。また、気になるのは、雨の日の走行でしょう。

塗装とは違い、撥水効果はあるものでしょうか。もちろん、ラッピングフィルムの性能によるもので、品質が悪いなど、費用対効果に繋がっているのも本音のようです。また、どれくらい持続するのかも専門業者にしっかり説明を受けておきましょう。それでも適切な時期に貼り替えることは必要です。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧