カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングの色の種類はどのくらいある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/02/05

最近のカーラッピングは、色やデザインも豊富になり、驚くほどの種類のラッピングが可能な時代になっています。痛車のように自分の好きなキャラクターの顔が施されている愛車を持参してオフ会に参加する人なども多数見受けられ、独特の輝きを放っていますが、何よりラッピング技術の進歩は、豊富な材料の種類によるものといえます。

自分で製作することも可能ですがプロの仕事はすごい!

車を楽しむ文化は、昔からとても親しまれてきましたが、デザイン性や機能性は益々進化してきていて、かなり高級な車も販売されてきています。一般的に販売されている車をそのまま購入して楽しむ手法の他には、自分で自由自在にカスタムしたり、カーラッピングを施すなどをして、自分だけの作品を楽しむ方法も独特の進化を遂げています。

時代の変化に比例して、最近のラッピング技術の力もめまぐるしい発展を遂げていますが、やはり、種類の多さは、目を見張るものがあり、特に日本特有の痛車などの文化は世界から熱い視線を浴び注目されています。

もともと日本のアニメは人気があるという理由もありますが、例えばカーラッピングの際に使用される材料は、まるで絵の具のように豊富で、基本的な色はもちろん、蛍光カラーや反射仕立てなど、とてもレパートリーに富んでいて、見ているだけでも楽しい世界観が広がっていて、ファンの数もうなぎのぼりになっています。

加工しやすく多様な状態に対応できる商品が多い

そして、カーラッピングは、自分で気軽に貼ったりはがしたりすることができる点も素晴らしいです。広範囲のラッピングはプロに任せた方が賢明かもしれませんが、少しぐらいなら、自分でも切り貼り可能で、しかも簡単にはがすことも可能で、車本体を傷つけにくいという点が重宝されています。

さらに、アニメ画像を施したとてもカラフルで美しい模様の商品や、自分でオリジナルのデザインを作成することもできるほど、多種多様なカラーは、まるで絵画作品を作詞しているような感覚もあり、人気があるプロの人は予約待ちというところもあるほどです。

基本的には、絵画と作成する場合と同じぐらいの種類のシートがありますし、自分が欲しい商品のアイデアもネットで自由に検索して得ることも可能です。もちろん著作権や、車を走らせるときのデザインの安全性や規制もありますから、ある程度は勉強しなくてはならない点もありますが、家庭で楽しむ車や、自分たちだけで楽しむ場合はさほど著作権の問題は関係ないかもしれません。

さらに自分の希望をかなえながら自由に改造できるだけのラッピングの種類が豊富ですから、柔軟に対応することも可能です。

すぐに修正や反復の張替えも可能という点が素晴らしい

また、車を走らせるときは、ある程度窓の部分をふさがないように作成することが必須となりますが、複雑な曲線をかたどったユニークな製品は多いうえ、自分で切り取りをおこなったりする必要もなくプリントしてくれている商品も多いため、基本的に困るようなことも少ないです。

もちろん、すでに一般的に販売されている商品では物足りないという人には、自分で自由にデザインできるだけのカラーや大きさなどもありますから、希望の作品が作成できないというようなことも少ないです。

そして、特筆すべきは、カラーバリエーションの豊富さにあります。例えば同じ赤でも、まるで虹のように彩度や明度の違う商品も用意されているうえ、質感や厚み、肌触りなども選択することができます。

ありがたいことに、何度貼りなおしても、車に傷がつきにくいため、応用転換させやすいやすいうえ、細かな曲線部や細部も、作り手に力があればほぼ自由自在にアレンジすることも可能です。色を絵の具のように直接混ぜ合わせることはできませんが、すでに混ぜ合わせたようなカラーを見つけ出せば作成可能ということになります。

そして、劣化しにくい製品も販売されていますし、デザインが飽きてしまったり傷んできた場合はどんどん修理可能ですから、気兼ねなく楽しむことが可能な時代です。最近は表面の加工だけではなく車の内側をアレンジする人も増えてきています。

基本的に内装も、アレンジ可能ですから、さらに作品へのこだわりは広がりを見せ、ネットとでも自慢の愛車を披露してお互いに褒め合うグループも発生して素晴らしい活気のある世界観が広がっています。やはり車を仕上げるうえでの、加工のしやすさとデザイン性の豊かさはかなり強みになっていますが、ネット上などでのクループ内での情報交換で、より良い材料や手法に巡り合う手助けをしているという点も注目されています。

新しい種類の製品が発売されるとこぞって自分からためしに使用してみる人も多く、新しい製品が販売されても自分は知らなかったというようなことも少ない時代になり、多数の人々が自由に車のアレンジを楽しんでいる状況があります。

最近の珍しい商品としては、鏡張りのカーラッピングの製品で、あまりに目立つためかなりの話材になっていて、注目度も抜群です。全体にキラキラと輝くビーズのようなラッピングを施された車も取材を受けていましたが、もちろん話題性は抜群で、まるで電話のデコレーションのように装飾が施されていて、見る人々をとても楽しませていました。

どちらかというと大きなビーズなどの立体物の付着しているデコレーションは装飾向きで日常に乗る専門の車ではありませんが、種類の多さを物語る注目すべき良い素材となっています。もちろん、デコレーションも簡単に修理可能ですから、日常的に乗ることも可能ですが、どちらかというと女性に好感度が高いデザインですから、男性は驚くかもしれませんが、これからどんどん新しい発想が生まれてくる可能性があります。

新しい種類やデザインは、映画やアートからヒントを得ている可能性が高いですが、やはり車の場合、痛車は特にアニメの影響が強いです。アニメの進化に伴い、ラッピングの種類も増えてきますから、ネットを頻繁にチェックするなどして、流行に乗り遅れないよう注意する必要があるのかもしれませんが、車が好きな人は、強要されなくてもどんどん情報は吸収してしまいますから、やはり楽しく車を乗りこなすことが必要です。

楽しく作成しているとリラックスできより新しい除法も入手しやすくなるうえ、次々と発売される多種多様な何とおりもの材料の特徴を理解して、自分にあった材料を探し当てることも可能になります。

 

車ファンは年々増えていますが、カーラッピングを自由に楽しむことを可能とさせる、素材や材料の開発力の素晴らしさは、目を見張るものがあります。特にカラーの種類はまるで絵の具セットのように多種多様で、鏡のような素材の商品も新しく販売され、益々活気を帯びています。スワロフスキーのようなデコレーションもあり、見る人々の心をとらえて離しませんが、最近のカーラッピングは、とても高い芸術性も備わっています。

オタク文化の代表格といえる痛車は世界的にも注目されていて、色面で表現しますが、複雑な色面も多様な素材を用いれば不自由なく表現できる可能性が高いです。プロの手を借りると尚更、スピーディーに作品を完成させることも可能なうえ、新しく発売された豊かな材料の知識も得られることもあり、一石二鳥です。




サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧