カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングをするなら!信頼できる業者を選ぶコツ

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/29


通常ディーラーなどで売っている自動車はシンプルのものがほとんどです。しかし、自分の好みに合わせて、さまざまなデザインにしてみたいという人もいるでしょう。そのような場合には、ラッピングという手法があります。ラッピングとは、ペイントを塗るのではなくフィルムを車に貼るという手法です。この記事では、業者を選ぶコツを紹介しましょう。

カーラッピングするとはどういうことか

通常ディーラーで売られている車はシンプルものがほとんどです。自分好みの雰囲気に車のデザインを変えてみたいと考える人もいるでしょう。しかし、ペイントなどで塗装するということは容易なことではありません。失敗した時にはどうしたらいいかということも気になるでしょう。

そのような時には、ラッピングという手法が役に立ちます。ラッピングとは、高分子フィルムを車の表面に貼りつけるという手法です。あらかじめフィルムに好みのデザインを印刷しておいて、それを車体に貼りつけます。

そのため、ペイント塗装の際に必要とされる細かい手間は必要ありません。印刷を利用しますから、専用機器などを使えばキレイなデザインを貼りつけられるでしょう。バスなどでは、よく広告を車体につけているものがありますが、ラッピングで行われている場合が多いようです。

カーラッピングを行うメリットについて

ラッピングとは車に高分子フィルムも貼りつけるというものです。このような手法のメリットは、簡単にデザインをつけられるという点だけではありません。通常のペイントの塗装では失敗した場合には、元通りにすることは手間がかかるでしょう。通常、自動車のペイント塗装は焼きつけを行うからです。

それに対してラッピングでは、高分子フィルムを貼りつけるだけですから、訂正などの理由で剥がすことも簡単にできます。また、コンピューターなどを使ってあらかじめデザインを決めることができますから、デザインの修正などもコンピューターの画面上で行うことができるのです。

ラッピングは剥がすことができるというのもメリットの1つでしょう。ペイント焼きつけ塗装ではもう取り除けないというのが一般的ですが、ラッピングの場合は簡単に剥がせるので、自分の好きなデザインに替えることができるということになります。

カーラッピングをする際の流れについて

ここまでメリットについて解説してきたカーラッピングですが、実際にどのような手順で行うか紹介しましょう。無地のフィルムを貼る場合は、フィルムを買ってきて貼るだけです。しかし、デザインに凝りたい人が多く、あらかじめデザインをフィルムの上に印刷する必要があります。

そのためにはコンピューター上でデザインを作る必要があるのです。デザインについては、コンピューターの描画ソフトなどを使えばできます。デザインの推敲を重ねましょう。

車のボディサイズを測って展開図を作っておかなければいけません。あらかじめ計測しておかないと、貼りつける段階になってトラブルが発生することになるからです。このようにしてできたデザインを、プリンターで高分子フィルムに印刷するのですが、専用の大型のプリンターを使う必要があります。

次に行うことは車の表面をキレイにしましょう。まず泥やホコリなどを取り除いた後に柔らかい布で拭き、油分を取り除くためにアルコールを使って拭き上げることが必要になります。最終的にキレイになった車の表面に高分子フィルムを貼りつけますが、裏紙をはがしながらきちんと気泡などが入らないように貼りつけていきます。

カーラッピングの種類にはどのようなものがあるか

カーラッピングの作業については先程お話したような手順で行うことになりますが、これをどのように行うかということによって、大きく分けると2種類があります。

1つは車のあるパーツの部分だけに行なうパーツラッピングです。車の表面はいくつかの部分にわかれていますから、その中のいくつかに貼りつけを行いましょう。屋根の部分だけのデザインを変える、あるいはドアの部分だけのデザインを変えるなどというのが該当します。

それに対して、車全体にラッピングを行うのをフルラッピングと呼びます。これは車体表面全体に貼りつけを行うというものです。全体といってもパーツの集まりですから、すべてのパーツにラッピングを行うということになるわけです。

他には、デザインラッピングというのがあります。これはデザインを印刷したフィルムを貼りつけるというものです。バスの広告やレーシングカーなどでよく行われている手法です。レーシングカーなどをイメージすると、デザインラッピングがわかりやすいでしょう。

カーラッピングを業者に頼むメリット

カーラッピングは従来の焼きつけ塗装に比べて手軽にできます。場合によっては個人でも行うことができますが、キレイなデザインや仕上がりを考えた場合には、業者に頼むことが得策でしょう。業者に頼む1番のメリットは仕上がりの違いです。

業者は高分子フィルムなどについての専門知識を持っていますから、貼りつけ方のテクニックを持っています。一般人がやるとどうしても気泡が入ったりシワができたりしてしまうものです。しかし、業者の場合にはこのようなことがなく、無理に高分子フィルムを引き延ばし、デザインがわからなくなってしまうこともありません。仕上がりを見てみれば両者の違いははっきりするでしょう。

デザインラッピングの場合、通常業者はデザイナーなどが在籍しているため、センスのよいデザインラッピングを行うことができます。多くの人が見てキレイだなというような仕上がりにすることが可能なのです。このように、デザインなども含めて仕上がりを考えると、業者に頼んだ方が得策でしょう。

どのようなカーラッピング業者を選ぶとよいか

キレイな仕上がりのカーラッピングを期待するのであれば、業者に依頼しましょう。ただし、どのような業者でも上手にラッピングができるわけではありません。カーラッピングを検討するときには、どのような業者を選ぶかということが大切になってきます。業者を選ぶということがうまくいかないと、費用がかかるばかりで結局満足ができなかったということになるでしょう。

では、どのような業者を選べばよいのでしょうか。業者を選ぶときのポイントとして、カーラッピングはバスなどの車体広告を行う際によく使われる手法ですので、業者が広告などの知識が充分にあるかということを知る必要があります。広告デザインの際のノウハウが活用できるからです。また、業者が屋外広告業登録しているかについて調べましょう。

カーラッピングというのは広告業務で用いられる場合が多いですから、優良な業者であればそのような登録をしているからです。さらに業者を選ぶ時のポイントとしては、メリットだけではなくデメリットについてもきちんと説明をしてくれることを確認することでしょう。よい部分だけではなく、悪い部分についてもきちんとした知識を持っているということは、優秀な業者であることの証です。

 

ここまでラッピングの概要について、およびその施工を行う際の業者をどう選ぶかについて解説してきました。カーラッピングは、車のデザインを変えることができるため、大変魅力的なサービスでしょう。また個々でデザインを変えることができますから、自分オリジナルの車体デザインということが実現できます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧