カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングスクールに通って施工技術者認定試験を受けよう

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/05/28


カーラッピングに興味があり、スクールに通ってみたい人もいるのではないでしょうか。カーラッピングスクールに通い、施工技術者認定試験を受験すると、カーラッピングに関する専門家として活躍できます。そこで今回の記事では、カーラッピングスクールでどのような講座が行われるのか、認定されるメリットなどを紹介するので、参考にしてください。

講座の概要

カーラッピングスクールにおける講座を受けることで、関係する製品や施工するための基礎的な知識などを習得でき、車のオーナーが充分満足できる品質に仕上げる技術を得られます。たとえば、以下のような技術を半日の講習で学ぶことが可能です。

・車のバンパー部分や、グリルといった複雑な3次曲面に対してカーラッピングを上手く貼るためにはどうすればよいのか
・ラッピング作業をする際に、フィルム表面上に傷をつけずにするためにはどういったテクニックが必要なのか
・フィルムを切り取る際に、ボディに対してカッターなど傷を入れずにカットするためにはどうすればよいのか
・施工前処理と平面へのフィルム貼り作業、2次曲面への張り作業のやり方
・ポストヒーティングの上手なやり方

このような知識を実技で学ぶことができるので、すぐに実用可能なスキルを身につけることが可能となっています。また、このような基本的なスキルや知識だけではなく、日常的な業務や経験だけでは得られない専門的なトレーニングを個別に行っているようです。

そのため、カーラッピングにおける施工スキルをより向上させることができるので、経験者の方にとってもスクールはオススメできます。カーラッピングにおける専門的な技術はもちろんのこと、さまざまな会社において要求されるような具体的なスキル・レベルに合わせて、特別なトレーニングを受けられると評判です。そのため、自身のスキルをより高みに引き上げることが可能になります。そのためスクール通いは、ラッピングに関する事業を行っている人にとっても有意義な時間となるでしょう。

また、今後カーラッピングを積極的に行っていきたいと予定している人、計画を練っている人も多く受講する傾向があるようです。経験者ではないからと遠慮する必要はありません。また、スクールを利用したトレーニングや講座でスキル・知識を身につけたら、オーナーから満足されるラッピングをできるかどうか、実技試験を行うこともプログラムに含まれています。

実際に車両に対してラッピングを施した後、行ったラッピング技術を確認してくれるため、自分がどのぐらいの技術を有しているのか、知識やスキルを得ることができたのか確認できるでしょう。このようにカーラッピングスクールに通うことによって、実践的な知識やスキルを身につけることができるだけではなく、身につけた知識やスキルがどのくらいのレベルなのかということについても知ることができます。

講座の種類によって認定試験は異なる

カーラッピングスクールの講座の種類によって、認定試験は異なるという点にも注意が必要です。たとえば、以下のような講座の種類と認定試験などが存在します。

・カーラッピングに関する製品や施工方法の基礎的な知識の習得に関する講座
・実技中心で施工するためのテクニックなどを学ぶための講座
・ラッピング技術が一定以上の水準にあるのかという実技試験

上記の講座や認定試験の段階によって、その人がどのくらいのレベルにいるのか把握できるでしょう。基本的には知識を習得してから実技でテクニックを学び、ラッピング技術が一定以上の水準にあるのか、実技試験を通して確認するというプロセスを踏むことになります。カーラッピングに関する製品や施工高校の基礎的な知識の習得に関する講座では、半日程度の講習会が開かれるようです。

講習会では、カーラッピングマーケットで必要な情報や知識などを中心に、座学形式で学んでいくことになります。これを受講すると、カーラッピングに関して基本的な知識を有していると認定されることになり、受講修了書などが発行されることが多いでしょう。

次に実技中心に施工するためのテクニックなどを学ぶための講座については、半日程度の実技講習会を通じて、実際にどのように行うのかテクニックを学んでいくことになります。

上記で紹介した座学形式の方だとあわせて行われることが多く、1日でカーラッピングに関する知識と基本的なテクニックを習得することが可能です。このようなプロセスを踏んで、最後にラッピング技術が一定以上の水準にあるのかという実技試験を行うことになります。

フルラッピングした車を認定担当者がさまざまな視点からチェックし、一定水準以上のスキルを有しているのかどうか確認してくれるのが、この実技試験の大きな特徴です。認定担当者によるチェックでは、どこが悪かったのか失点した部分などをすべて判定し明示してくれるので、万が一落ちてしまった場合でも、どこを修正すればよいのか確認できます。上記のような段階を経ることによって、最終的に施工レベルの高い技術者として認定され、認定会社の登録などを受けられるのです。

施工技術者に認定されるメリット

施工技術者に認定されることによって、業者から認定証を授与されます。カーラッピングで高い技術を有している技術者として証明できることに加えて、認定登録などが行われるようです。施工業者により認定されると、業者ホームページに登録などが行われ、カーラッピングに関する製品や最新の技術に関する情報などをいち早く知ることができるようになります。

またその他にも、業者からカーラッピングに必要なフィルムやシートなどの資材供給を受けられるようになり、これまで以上にスムーズにラッピングを行えるようになるでしょう。また、現在カーラッピングに関する事業を行っている人は、ビジネス面での協力を得ることができるばかりではなく、ネットワークの構築作業も手伝ってくれます。カーラッピングに関する事業を、比較的スムーズに軌道に乗せることが可能です。

長年にわたったカーラッピングを行ってきた技術や経験、ノウハウを学ぶことができます。さらに貼り付け技術などのバックアップ体制などもしっかり整えられているため、認定することによりさまざまなメリットを得られるのです。このように段階を踏んでスキルアップすることによって、実際にカーラッピングを依頼するオーナーからも高い信頼を得ることができるようになり、カーラッピングビジネスで成功できるようになるかもしれません。

とくにこのような認定を行う業者は、カーラッピングを行ってきた長い歴史を有しているところが多いため、オーナーからしても安心と信頼感を持って車を預けられるようになるでしょう。現在カーラッピング行おうと検討している人は、まず基礎的な技術やスキルを学ぶために、カーラッピングスクールに通って施工技術者認定試験を受けるというのもかなりおすすめの選択肢です。これまで以上に、カーラッピングに精通できるようになるので、迷っている人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

今回はカーラッピングスクールと、そこで受けることのできる施工技術者認定試験について詳しく解説してきました。試験を受けることによってさまざまなメリットがあるので、カーラッピングビジネスを始めようと考えている人は、一度試験を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧