カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングは雨にぬれても大丈夫?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/07/05

変わった車の見た目にできるカーラッピングは人気がありますが、耐久性がどの程度あるか心配する人もいます。

特に雨に濡れるとはがれるのではないかと考える方もいますが、どのような形になるかは使われるフィルムによって変わります。特徴を知っておけば対応しやすく、良い形でサービスを利用できます。

 

車の見た目を変えられるカーラッピング

野外で使われる車は表面に塗装がしてあって、汚れなどがつかないように対応しています。塗装は効果的なものですが簡単にはできず、費用もかかってしまうので気をつけなければいけません。簡単に車の見た目を変えたい場合は、表面に特殊なフィルムを貼って対応する方法もあります。

耐久性の高いフィルムならば問題になりづらく、長く使えるので多くの人が利用しています。車の表面にフィルムを貼って見た目を変える方法は、カーラッピングと呼ばれていて良くおこなわれています。自分で作業をするのも可能ですが、専門会社に相談して仕事を頼むやり方もあります。

使われているフィルムは多くの種類が存在していて、デザインなども工夫されているので利用しやすいです。材質にも違いがあるためどのような製品なのか、実際に使う前に十分に確認しなければいけません。道路を運転するときは晴れている日もありますが、雨が降っていて車が濡れてしまうケースもあります。

表面が濡れた場合はフィルムがどうなるか心配になりますが、多くの場合問題が起こる可能性は低く安心して利用できます。なぜ水に濡れて問題がないのかというと、耐久性が高い素材が使われているものが多いからです。野外で使う車の表面に貼るフィルムなので、特別な加工がされていて丈夫にできています。

製品によってはあまり耐久性がないものもありますが、信頼できる会社のものならば安心して使えます。自分の車にフィルムを貼る場合は、製品の特徴を調べて耐久性について確認する必要があります。十分に調べてから必要な作業をすれば問題が起こりづらく、良い形で車の表面にフィルムを貼れます。

ただ製品によっては十分な品質がなく、水に濡れると劣化してしまう場合があるので注意がいります。利用できる製品の品質には大きな違いがあるため、信頼できる会社のものを使わなければいけません。安心して車にフィルムを貼りたい場合は、専門会社に相談する方法もあります。

専門会社では特別な製品を使って対応してくれるので、耐久性の高いフィルムを利用して作業してくれます。使われるフィルムは製品によって耐久性が変わりやすいため、利用するものの特徴を調べておくのは大切です。

 

作業を依頼する場合に気をつけたい点

車におこなえるカーラッピングは評価されていて、簡単に見た目を変えられるのでメリットを得られます。見た目を変える方法としては塗装するやり方もありますが、問題が多く上手くいかない場合もあります。仕事を依頼すれば車の塗装をしてくれますが、時間がかかりやすく費用も高額になります。

それに比べると車の表面にフィルムを貼る方法は、手間がかからず費用も安くすむので良くおこなわれています。利用できるサービスには複数のものが存在していて、耐久性の高いフィルムを使ったプランもあります。カラフルなフィルムを使った方法も選べるため、変わった特徴のある車にするのも可能です。

サービスを利用する場合は雨に対してどの程度強いか、詳しく調べておかなければいけません。野外で使う機会が多い車は水に濡れやすいので、耐久性の高いフィルムを選ぶ必要があります。使われているフィルムはあまり耐久性が高くなく、簡単にはがれてしまうものも存在します。

そのような製品は水に濡れるとおかしくなる場合があるため、製品の特徴は確認しておかなければいけません。車の表面にフィルムを貼る場合は、耐久性が高い特別なものを選ぶ方法もあります。丈夫な製品ならば車に傷がつくのを防いでくれて、大きな問題が起こらないようにできるので安心です。

使われているフィルムは高いものほど品質が高く、水などの影響を受けづらい特徴があります。信頼できる製品を使っておけば問題が起こりづらく、良い形でサービスを利用できるのでメリットを得られます。作業をするときは自分でする方法もありますが、手間がかかりやすいので気をつけなければいけません。

特に車全体に貼ると時間がかかりやすく、簡単にはできないので注意がいります。手間のかかる作業は専門会社に頼むのも可能で、自分の代わりに作業をしてくれるので安心です。トラブルが起きたときも相談でできるので、安心して必要なサービスを利用できます。

野外で車を運転していると急に雨が降る場合がありますが、表面に貼ったフィルムはその程度でははがれません。ただ何年も前に貼ったものは劣化しているケースがあるため、古いものだと問題が起こる可能性があります。

 

紫外線や洗車に気をつける

利用している車の見た目を良くしたい場合は、塗装して対応する方法もあります。便利なやり方ですが簡単にはできず色など変えるためには、多くの費用がかかるので気をつけなければいけません。短期間で車の見た目を変えたいときは、カーラッピングが向いていて人気を得ています。

車の表面にフィルムを貼るだけなので手間がかからず、はがせば元に戻せるので安心して利用できます。多くの方が利用しているサービスですが、製品の特徴を調べておくのは大切です。耐久性が低くすぐにダメになってしまうものもあるため、使われているフィルムについて確認しておく必要があります。

フィルムには雨に強いものも存在していて、濡れても全く問題が起こらないものも存在しています。耐久性の高いものならば使いやすく、簡単にははがれないので長く利用できます。ただ気をつけなければいけない問題点もあるので、カーラッピングをするときは注意がいります。

使われているフィルムは太陽の光に弱く、夏の暑い時期に野外に車を置いているとはがれる場合があります。暑い時期に車を野外に置いていると車の表面が熱くなって、その影響でフィルムがはがれやすくなります。紫外線の影響で劣化してしまう場合もあるため、野外に車を置く場合は気をつけるべきです。

見た目を変えたいときに便利な方法ですが、普通の雨程度ならば大きな問題になる可能性は低く安心して利用できます。品質の悪いフィルムを使わなければ、長期間利用できるのでメリットが大きいです。丈夫にできている車に貼るフィルムですが、熱に弱い問題点は考えなければいけません。

特に洗車をするときに注意が必要で、お湯などを使うと簡単にはがれてしまう場合があります。また機械を使った洗車もフィルムを傷つけやすく、はがれる原因になるので注意がいります。適切な対応をすれば長く利用できるので、問題が起こらないように対応する必要があります。

車の表面に貼るフィルムは丈夫にできていて、水に濡れても問題がないので安心して使えます。ただ長く使っていて劣化しているものだと、水に濡れた程度ではがれてしまう場合があります。そのためカーラッピングをするときは、定期的にフィルムを貼り替えなければいけません。

 

簡単に車の見た目を変えられるカーラッピングは良く利用されていて、耐久性も高いので人気があります。丈夫なフィルムを使っているので普通の雨程度ならば問題なく、水に濡れてもはがれる可能性は低いので安心して利用できます。

ただ車に貼ったフィルムは劣化する場合もあるため、サービスを利用するときは注意しなければいけません。劣化してしまうと水に濡れた程度でもはがれるケースがあるので、貼っているフィルムの状態を確認するのは大切です。

 

 

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧