カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングで希望の色も出せる!人気の色を紹介

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/01/29


車に飽きたから買い替えたいという場合には、ラッピングを試してみるのもよいでしょう。ラッピングを施せば普段乗っている車の印象が大きく変わります。カラーも切り替えられますから、車のイメチェンには最適です。とはいえ、どういった色を選んだらよいかわからないという人も多いでしょう。初心者向けにこの記事では人気色について解説します。

どういったカラーリングを選んだらよいのか

カーラッピングではさまざまな配色が選べます。モノトーンから個性的な色までありますから、好みの色を選んでみてください。たとえば、マットブラックにすれば、落ち着いた印象の車に仕上げていくことができます。ブルー系のカラーリングにすれば、爽やかな印象にするといったことも可能です。

こうした色の違いについても業者で紹介してくれるでしょう。カーラッピングを取り扱っている業者であれば、カラーサンプルを豊富に用意しているので、どういったカラーリングがよいのかといったことも選びやすいでしょう。一度貼るとラッピングし直すのは費用がかかるため、最初にじっくりと考えておくことをおすすめします。

最初は無難な配色で試してみて、慣れてきたらもっと明るい色を試すなど、楽しんでみるのもよいでしょう。年に1回新しいラッピングを試してイメチェンしてみるという楽しみ方もできます。業者によっては、独自の色を配合してくれるといったこともありますから、興味のある方は問い合わせてみましょう。

数種類合わせることも可能になっている

カラーリングは1種類しか選べないということはありません。カラーリングを組み合わせるのもよいでしょう。たとえば、ボンネットだけ違ったカラーリングにすることはよく行われているようです。ボンネットだけラッピングしてもらえばコストもおさえられ、簡単に取りはがせます。これだけならば数万円でできることもあるでしょう。カーラッピングがどういったものか知りたいといった場合にも試してみてください。

またスポーツカーのように、ラインを数種類組み合わせることも可能です。これによって個性的な雰囲気が演出できます。どのようにさまざまなカラーを配置するかも選べるため、じっくりと専門業者と相談してみましょう。

中には文字やキャラクターなどをラッピングできるところもあるようです。文字を入れればより個性的な車両になってきますが、追加料金がかかることが多いとされています。また、キャラクターを載せるといった際には、著作権なども気をつけないといけません。しかし、好みのデザインラッピングにしてみたい場合は、試しておく価値はあるでしょう。

こんなカラーリングがおすすめできます

カラーリングの中でもおすすめなのがブラックです。黒系のカーラッピングは魅力的であり、人気が高くなっています。黒系のバリエーションも豊富であり、艶あり・艶なしも選べるようです。艶ありにすると高級車のような印象を与えられますから、検討してみるのもよいでしょう。しかし、艶ありにすると、汚れが目立ってしまうといったこともありますから、万人におすすめできるというわけではありません。

他にも、レッドやブルーなどの明るい色も人気です。こうしたカラーリングを用いれば一気に目立つようになりますから、とにかく目立たせたいといった場合にはよいでしょう。

オレンジなども人気が増しています。オレンジは日本では珍しいので、目立たせたい人には適しているでしょう。汚れが目立ちにくいという利点もあります。このようにさまざまなバリエーションがありますが、実際のラッピングを見て決めるといったことも可能です。インスピレーションを得るためにも実際の車両を見に行ってみるのもよいかもしれません。

カーラッピングすると得られる効果

豊富なカラーリングがあって中々悩んでしまうものでしょう。ちなみに、車体と同じ色のフィルムを用いてカーラッピングする人もいます。「それでは意味がない」と感じる人もいるかも知れませんが、カーラッピングをすれば車体を保護できます。元の車のカラーリングを長持ちさせることができるのです。

他にも、撥水効果等もあって便利でしょう。キズをつかないようにさせるためにもおすすめです。カーラッピングすると、日焼けなどから車体を守ることができるといったような見逃せないメリットも得られます。

このようなことから、同じカラーリングを用いてカーラッピングするといった人もいるのです。迷ってしまい決められない場合は、スタッフに選んでもらうのもよいでしょう。プロに任せれば車の雰囲気にあった色を選んでくれます。こうした楽しみ方もできるのだということは知っておきましょう。

鏡面仕上げのカーラッピングもあります

カーラッピングの技術もますます進化しており、昨今では鏡面仕上げのようなフィルムも登場しています。このフィルムを使えば魅力的な車両にできることはいうまでもありません。鏡面仕上げにすれば注目されますし、おまけにラッピングということもあって長持ちすることもメリットです。

ワックスではないので半永久的に楽しめることが魅力でしょう。他にも、ラメ加工が施されたものなどもあります。かなり個性的なものですが、注目を集めるためにはうってつけです。さらに、さまざまなアクセサリー類をつけるなどして、車をかっこよく仕上げていきたいところでしょう。

飾りのフェンダーも一緒に取りつけられるといった専門業者もいます。専門業者に依頼できることは多いですから、カーラッピング以外にもさまざまなことを相談しておくとよいでしょう。一緒にカータイヤの交換もしてくれるといったような業者もいます。また、仕上がりが気に入らなかったらやり直してもらえる業者もいるようです。このような業者であれば、より安心して依頼することもできるでしょう。

ラッピングが終わったら品評会に

カーラッピングが終わったらそのままガレージにしまっておかず、積極的に他の人に見てもらうようにするのがよいかもしれません。これでよいアドバイスも得られます。カーラッピングの品評会はかなり増えてきていますから、近くの品評会に行って他の車両と競うとよいでしょう。

ここで自分の選んだデザインやカラーリングが正しかったのかもわかります。入賞すれば雑誌などにも載って、さらに注目されるでしょう。このような楽しみ方もできるのがカーラッピングなのです。また、ラッピングは1度すれば終わりというものでもありません。色褪せることもありますから、数年に1回は新しく貼り換えてもらうとよいでしょう。

そのたびごとにカラーリングを変えれば、さらに楽しむこともできます。ラッピングは何度も楽しめるものですから、やるたびに新しいバリエーションを試していきましょう。何度も同じ施工業者で依頼すれば、リーズナブルな料金でラッピングしてもらえるといったこともあるようです。何より新しい車を買うよりもさまざまなデザインを楽しめるのが、カーラッピングでしょう。

 

ラッピングをすれば車の変化を楽しむことができます。カーラッピングは積極的に行って、新しい楽しみを車に見つけていきたいところでしょう。もちろん、カラーリングは大切なものですから、どれにするかによってまったく印象も変わってきます。ラメ加工などが施されたフィルムもありますから、さまざまな選択肢を検討してみてください。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧