カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングを自分で行うメリット・デメリット

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/12


自動車のボディーにカーラッピングの施工を行うことで、自動車を美しくすることができます。 自分でラッピングフィルムを貼ると費用を抑えられますが、時間や労力が掛かるなどのデメリットが発生します。 仕事や家事、育児などで忙しい人は、専門店のスタッフに施工を依頼するとよいでしょう。 費用は掛かりますが、美しく仕上げてくれます。

自宅で施工を行うメリット

通勤や通学、レジャーなどに自動車は欠かせない必需品ですが、塗装の色やデザインに飽きてしまうことがあります。新車で購入すると200万円を超えることが多いので、頻繁に自動車を買い替えるのは現実的ではありません。自動車の色や質感、デザインなどを変えたい場合は、カーラッピングの施工を行うのがお勧めです。

カーラッピングは専用のラッピングフィルムを、自動車のボディーやドア、フロントバンパーなどに貼ることで簡単に外観を変えることができます。カーラッピングはある程度の経験や技術が必要ですが、自分で行うことが可能です。

カーラッピングを自分で行うメリットは、専門店のスタッフに依頼するよりも費用を抑えることができます。カーラッピングに慣れてない場合は、ドアやフロントバンパーなどの部分だけ施工を行うのがお勧めです。

カーラッピングは部分的にも貼ることができるので、自分で施工を行っている人もいます。インターネット通販の専門店では、豊富な柄やカラーのラッピングフィルムが揃っているので、気に入った商品を選ぶとよいでしょう。

自宅で施工を行うデメリット

自動車の色に飽きてしまうことがありますが、専門店に板金塗装を依頼すると費用が掛かってしまいます。若い年代の人はまだ収入が少ないので、頻繁に自動車を買い替える人は少なくなっています。インターネット通販の専門店では豊富なカラーやデザイン、質感のラッピングフィルムが販売されているので、後悔しないよう時間を掛けて選ぶことが大事です。

専門店にカーラッピングの施工を依頼すると、自動車全体に行う場合は50万円から100万円ぐらいは掛かることがあります。自分でカーラッピングの施工を行うと、20万円から40万円前後と費用を抑えることが可能です。自宅で行う場合はカッターナイフや工具などが必要なので、必要な物を揃えておきましょう。自分で施工を行うことで費用を抑えることができるのがメリットです。

デメリットは自分で行うので時間や労力が掛かりますし、専門店のスタッフに比べると仕上がりの美しさには差が出てしまいます。自分で施工を行う場合は、動画などで施工の方法を調べておく必要があります。最初は小さいパーツから行うと失敗するリスクが少ないです。

仕上がりを重視する場合は専門業者

自分でカーラッピングを行うことで、費用を抑えることができるのが一番のメリットです。好きなように自動車をカスタムできますが、自分で行うデメリットは時間や労力が掛かるという点です。仕事や家事、育児などで忙しく、愛車のお手入れをする時間が取れない場合は専門店のスタッフに相談するとよいでしょう。

専門店のスタッフは熟練の技術を持っているので、美しく仕上げてくれます。カーラッピングを行う前に丁寧に洗車し、余分な油脂などを取り除く作業が重要なポイントです。油脂が残っているとフィルムがきれいに貼れないので、丁寧に作業をしてくれます。

専門店に依頼すると材料費や工賃、人件費などが必要になるので、自分で行うより費用は高くなります。自動車にラッピングフィルムを貼ることで、鳥の糞が付着するのを防いだり、強い紫外線から大切な自動車を守ることが可能です。ラッピングフィルムを貼ることで、飛び石やいたずらによる傷や破損などを防ぐ効果があります。まずは専門店のスタッフに相談しましょう。

高級自動車は専門店に相談

口コミで評価の高い専門店では、接客マナーの丁寧なスタッフが在籍しているので、まずは電話や店頭などで相談してみるとよいでしょう。高級セダンや人気の輸入車などに施工をしたい場合は、自分でラッピングフィルムを貼るよりも、専門店のスタッフに依頼することが大事です。

自分でラッピングフィルムを貼るのに慣れていない人は、道具や工具などで大切な塗装を傷つけてしまったり、仕上がりがイマイチになってしまうことが多いです。口コミで評判の高い専門店を利用すると、高級自動車にラッピングフィルムの施工を行っている所が多いです。

大切な自動車の塗装に傷を付けないように、細心の注意を払って施工をしてくれるので安心できます。事前に見積もりを作成してもらうことも可能なので、金額に納得ができたら施工を依頼しましょう。

高級自動車の場合は軽自動車やコンパクトカーに比べると、やや費用は高くなります。大切な自動車のボディーを美しく保ちたい人にお勧めです。 見積もりの金額に納得ができたら、契約書にサインをして下さい。

フィルムを無駄にしてしまう可能性がある

海外諸国などでは、カーラッピングは一般的です。 現在は日本でも高い関心を持っている人が増えており、自宅で施工を行っている人が多いです。 インターネット通販の専門店では、高品質で上質な素材を使用したラッピングフィルムは、豊富な価格帯の商品が揃っています。

値段が高めでも、自動車のボディーに貼りやすい商品を選びましょう。自宅で施工を行うのはメリットがありますが、デメリットもあるので理解をしておく必要があります。自動車に油脂が残っていると、きれいにフィルムを貼ることができないので注意が必要です。

自動車のパーツにフィルムを貼りたい時は、大きめにカットしておく必要があります。 パーツよりも小さくカットしてしまうと、フィルムを無駄にして失敗してしまいます。友人や知人に慣れている人がいる場合は、施工の方法を教えてもらうことが大事です。うまく貼ることができないと、材料費を無駄にしてしまうことがあります。慣れてくるまではボディー全体にはしないほうが良いでしょう。

専門店の料金を比較する

自動車のラッピングフィルムは防水性や撥水性、耐久性に優れているので、インターネット通販の専門店で購入する人が多いです。 ラッピングフィルムを自動車のボディーに貼ることで、大切な自動車を傷や汚れから守ることができます。不器用な人は自分でラッピングフィルムを貼ると、失敗してしまうと悩んでいる人が多いです。

ある程度の費用が掛かっても仕上がりの美しさを重視する場合は、専門店のスタッフに施工を依頼すると良いでしょう。専門店のスタッフは慣れているので、大きめの自動車や輸入車の場合でも一週間ぐらいで施工が可能です。事前にどれぐらいの期間が必要なのか聞いておくことで、安心して申し込みができます。

複数の専門店のサービス内容や料金を比較して、平均的な相場の料金の所を探しておくようにしましょう。口コミで評判の高い専門店を選んでおくと、施工後のアフターサービスも丁寧なので安心です。自分で施工を行うよりもきれいな仕上がりですし、万が一不具合が出たときもすぐに対応をしてもらえるのが魅力です。

 

自動車の色やデザイン、質感などに飽きてしまったら、カーラッピングの施工を行うのがお勧めです。 豊富なカラーやデザインが揃っているので、気に入った商品を購入することができます。 自宅でラッピングフィルムを貼ると、費用を抑えることができますが、仕上がりの美しさを重視する場合は専門店のスタッフに依頼するとよいでしょう。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧