カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングを業者に頼むメリット・デメリット

公開日:2021/01/15  最終更新日:2021/01/12


カーラッピングってご存じですか?通常販売されている車だけど外観の色やデザインが違うとか、車に何か描いてあることを不思議に思ったことはないでしょうか? それがカーラッピングでといわれるもので、それが個人の車や企業の車である場合もあります。それぞれ目的があって施工されているのですが、どのようにすればできるのでしょうか。

カーラッピングの歴史はまだ浅い

カーラッピングとは車の外観にデザインを施すための作業です。通常の車の外観の色を自分好みの色にしたいときに無地のフィルムを貼って色を変えるのもその一つです。 よく使われているのは社用車で、その社名などの文字を入れたりその会社のイメージキャラクターをつけたりして、宣伝を兼ねて街中を走っています。

かつてトラックにカラフルな電球や鮮やかなデザインを施して走るデコトラといわれるものが流行りましたが、そのときはペイントされていたもので、まだそのような車は目立つことを目的とした車だけでした。 1994年になって剥がせるフィルム素材が作られるようになって、カーラッピングが誕生したといわれています。

しかしただフィルムが開発されただけなので、それだけを貼っても意味がありません。フィルムにプリントを施し、フィルムを貼るために必要な道具がなければできないのですが、当時はまだプリントの技術もあまり発達していなかったので、品質も良くなく高価でした。

その後ソンベルトインクというインクが開発されたことでプリントの品質も高くなってきて、価格もそれほど高くなく提供されるようになり、アニメが好きな人たちがキャラクターをラッピングした「痛車」といわれるものから一般に広まったといわれています。

カーラッピングを施す目的とメリット

カーラッピングを施す目的は人それぞれです。個人の場合、1つ目は車体を好みのカラーに変えるためです。カラーを変えるだけなので無地のラッピングが使われることが多いです。フィルムを貼ることでますます自分好みの車になり、傷つくことを予防することもできます。

2つ目は趣味のためです。「痛車」といわれたアニメキャラクターをつける車のように、自分の好きなものをラッピングすることでカラーを変えるときと同じように、いつも好きなキャラクターと一緒にドライブができるという気持ちになれて、より自分好みの車になります。

次に個人ではなく企業の場合です。企業が使う車に社名やロゴ、商品名やキャラクターをつけることで、人の目を惹きつける宣伝効果があります。そして車なので遠くまで行くことができるので、広い範囲で宣伝ができるというメリットがあります。

個人が車体のカラーを変える時や趣味で変える場合は車体全体を覆うフルラップが一般的ですが、企業の場合は宣伝が目的なので、車体全体ではなく一部に施すだけでも良いのです。その方が費用も抑えられてわかりやすいというメリットがあります。 また剥がしたときに痕が残らずきれいなことや、別のデザインのものにも変えられるというメリットもあります。

カーラッピングは自分でもできる?

カーラッピングといえば車の表面にペンキで絵や文字を描いているように見えますが、実際はフィルムを貼っているのです。ペンキで絵をかくなら相当絵が上手な人でないと失敗したら大変ですが、取り外しができるフィルムを貼る作業になるので、自分でできないことはありません。

それでも自分でするには慎重さと技術が必要です。そしてフィルムだけでなくカットするためのカッターや、しわをつけないためのヘラなどの道具も必要です。また一人で行うのは難しいので、複数人で声を掛け合って慎重に行わないと、何回も貼りなおしたりしなければいけません。

フィルムのシール部分のリケイ紙をはがすときも慎重にすることが重要で、その段階でしわになったりシール同士がくっついたりしてしまうこともあります。フィルムをカットする際も計測した通りの長さに切らなければ、貼り合わせた部分が重なっているのが目立ったり、逆に晴れていない部分が出てくることもあります。高価な車に施すためそのような失敗は避けたいものですが、注意をして行えば費用を安く抑えられて自分でできる作業です。

カーラッピングを業者に任せるメリット

カーラッピングを施す専門業者があります。個人の車の場合は好みや趣味でラッピングを行うので、自分ですることはできますが、やはりしわがなく貼りムラがないきれいな仕上がりを求めるなら業者に任せる方が良いでしょう。

企業の場合でも、ほんの一部貼り付けるだけなら自社でもできますが、専門業者に任せることできれいに完成するだけでなく、貼る前の車体の下準備についても知識があるので、貼ったあとも自分で貼るよりも耐久年数が長く持つことが期待されます。

様々な車の種類や車種の施工経験があるのでどんな車でも対応してくれることもメリットです。専門業者だとドアの部分を外して貼り付けるなどという作業も可能です。またフィルム素材から施工に至るまで高品質なサービスを提供してもらえるでしょう。

さらに施工実績が多いことから、企業が宣伝効果を高めるためには車のどの部分にどのように貼ればよいかなどのアドバイスを受けることもできます。 これらのような理由もあり、専門業者なら実績も多いので安心して頼むことができるということが一番のメリットです。

業者に依頼をするにあたってのデメリットはある?

専門業者に依頼するデメリットといえば、自分で施工するよりも費用が高いという点です。素材が高品質でノウハウも知っているのできれいで耐久性の良いものに仕上げてくれますが、その分フィルム代だけでなく、車に下処理をするための材料や人件費、工事費用なども掛かってきます。

また業者によっては実績の少ない所もあるため、どこでもよいというわけでもないのもデメリットといえます。経験年数が浅かったり経験実績が少ないと、どんな車にも対応するということができない可能性もあります。宣伝効果を上げるためのラッピングなのに、より効果を高めるためのノウハウがないと広告の効果が上がるどころか半減してしまう可能性もあるからです。

下処理もきちんとできていないとせっかく料金を支払って依頼しても、雨風に打たれるたびにはがれてくるということにもなりかねないので、どこに依頼をするかということは大きな問題となるのです。 ラッピングをするメリットを高めるためにも、別の所に依頼をしなくてもよいような業者選びは大切です。

カーラッピング業者の選び方について

専門業者にもいろいろなところがありますが、どのようにすればよいのでしょうか。 カーラッピングにおいて経験が少なく知識も技術もあまりない所もあるので、そのようなところに依頼をしないようにするには、しっかり情報を得て置く必要があります。

ラッピングの施工を行いますと謳っているところでも、車の整備などほかの事業を主に行っている場合は、ラッピングに関してそれほど詳しい知識や技術を持っていないことも考えられます。そのためにはいくつかの業者を選び、その中でラッピングを専門的に行い数々の実績のあるところを選ぶようにします。

実績があればホームページでもその情報を掲載し、見積もりを依頼するときにも豊富な実績があるかどうかを知ることができます。豊富な実績があれば依頼者が希望を出したときに、それはできるか否かはっきりと答えてくれたり、他によい案があれば提案してくれたりするので、いくつかの所で見積もりをしてもらって実績があると確信できるところなら安心して任せることができるでしょう。 費用についても、納得ができる説明をしてくれるところなら安心です。

 

カーラッピングは個人の趣味で行う場合と企業が宣伝のために行う場合がありますが、フィルムを貼ることでキズ付きを予防することもラッピングのメリットです。作業に関しては自分でもできますが、シワになったり貼りムラができたりするのを防ぐためには専門業者に依頼をする方が安心です。そのときに選ぶ業者は実績が多いほうがより安心です。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧