カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングのメリットってどういうところ?

気軽に車のイメージチェンジを楽しめるのがカーラッピングで、純正品にはないカラーや質感を楽しむことが可能です。

愛車のイメージを変えることで所有欲を満すことができ、車好きにとって非常に魅力的な施工といえるでしょう。

ラッピングは塗装より自由度の高い施工が可能なため、塗装では実現できない質感を求める方にもおすすめです。

塗装以外で車のカラーを変えられる

昔は車のボディカラーを変更するためには塗装という方法しかありませんでした。

現在はフィルムシートを貼るカーラッピングという方法が流行しています。

コンピューターで施工するため、デザインの自由度が高く、細部まで綺麗に仕上げることができます。

メーカー純正ではないカラーにも対応できるので、自分だけの一台が実現するでしょう。

愛車になんとなく飽きてしまった時に、イメージチェンジの意味でカーラッピングをされる方もいます。

外観がピカピカになるので新車に乗り換えたような気分になったという声も聞かれます。

カラーを変えるだけで、別の車になったと感じるほどイメージは変わるものです。

カーラッピングは塗装に比べて価格が高く、50~80万円程度の費用がかかるのが相場ですが、自由に剥がすことができるメリットは大きいです。

また耐久性は3年程度と長くはありませんが、自由にカラーを変えられる魅力は絶大でしょう。

ラッピングの費用は高級車になるほどお得感があり、気分によってカラーを変えるのも面白いです。

カーボン調やレザー調のデザインにすることもできるなど、カラー以上に質感にこだわりを反映できるのも特徴といえるでしょう。

経年劣化の影響を受けないのでおすすめ

車のカラーリングを奇抜なカラーに変えてしまうと、査定時に影響することは少なくありません。

自分にとって最高の車が世間一般に受け入れられるとは限らないわけです。

同じ車でもカラーによって査定額が変わることは多々あるので、純正にはないカラー塗装をしてしまうと査定時に大幅に値が下がってしまう可能性があります。

カーラッピングをおすすめする理由に、剥がしてから査定に出せる点があります。

剥がしてしまえば元のカラーになりますから、査定額を下げずに済むといえます。

塗装の費用はカーラッピングより安価ですが、ひとたび全塗装をした車は価値が激減する傾向があります。

家屋の例では、屋根塗装や外壁塗装をすることで資産価値を高めることができますが、車の場合はそうはいきません。

自分の好きなカラーに変えたことがきっかけで、売却時の価格が下がってしまうケースがあります。

カーラッピングだと経年劣化の影響はなく、いつでも剥がすことができるので車の資産価値には影響しません。

施工費用は塗装より高額ですが、売却時の査定まで含めて考えるとお得になることが少なくないでしょう。

さまざまな質感を楽しめるのが魅力

カーラッピングをおすすめする理由には、さまざまな質感を実現できることがあります。

カーボン調やレザー調など、塗装では実現困難な質感を生み出せるのは大きな魅力です。

塗装よりもカラーと質感の自由度が高いため、人目をひくような外観に変えることができます。

実際にラッピング施工をすることで、愛車への愛着が大幅にアップしたという声はよく聞かれています。

車にこだわりのある人は、ほかにはない自分だけのオリジナルを追求するため、自分だけの車だと思えることが所有欲・満足感を満たしてくれるわけです。

ラッピングなら塗装より豊富なカラーから選択できますから、3年サイクルで施工を受けるのもアリでしょう。

耐用年数は一般的に3年程度なので、そのたびに変えるのも面白いといえます。

ラッピングのたびに外観の光沢感が復活しますから、ずっと新車に乗っている気分が味わえます。

ラッピングは部分的に施工することも可能なので、部位に異なるカラーを施すことも可能です。

ラッピング施工後、洗車することは問題ありませんが、グロスフィルムは繊細なので機械洗車ではなく手洗い洗車をおすすめします。

カーラッピングは好きなときに元に戻せる

実際にカーラッピングを試してみたけれど、元に戻したくなる方はいます。

塗装だと塗り直しする必要があるので面倒ですが、ラッピングは剥がせばよいのです。

つまり車の資産価値を低下させることなく、好きなカラーを試すことができるのです。

実際に仕上がってみたらイメージと違ったというケースはあるため、部分的なラッピングから試してみるのもアリでしょう。

車の用途が変わったときは、元のカラーに戻したほうがよい場合もあります。

趣味で車に乗るだけなら問題はありませんが、仕事で車を使うとなると地味なカラーにしておいたほうが無難でしょう。

塗装なら元に戻すのは大変かもしれませんが、ラッピングならいつでも戻せるのです。

元に戻すタイミングとして多いのは、カラーに飽きたとき、転職をして仕事が変わったとき、車を売りたいときなどです。

ラッピングは簡単に元に戻せるのがメリットですが、そのときは必ずプロに依頼してください。

自分で無理に行うと、塗装も一緒に剥がしてしまう可能性があるからです。

ラッピングは施工するときも剥がすときも、高度な技術が必要となりますので、質感を維持するためにもプロに任せましょう。

外的ダメージから車を守るために役立つ

車を運転していれば、小石が飛んでボディを傷つけてしまうことは多々あります。

小キズはそれほど査定には影響しませんが、数が多くなれば無視できなくなるでしょう。

塗膜は傷がつきやすいのですが、カーラッピングならば飛び石や直射日光から車を守ることができます。

ボディの上に施工する方法になるので、ボディの光沢感をそのまま守ることができるのです。

小石からボディを守ることで査定時は減額せずにすみますし、直射日光をブロックすることで経年劣化を予防できます。

直射日光の影響には、くすみがあり、光沢のなくなった部分は汚れが付着しやすいのです。

つねに光沢感を維持することが車の資産価値を維持することになります。

くすみが進行するとほこり・泥汚れなどが付着しやすく、また付着すると洗車しても落ちにくくなります。

新車のときは水洗いで簡単に汚れを落とせますが、経年劣化が進行するほど付着した汚れが頑固に落ちにくくなるはずです。

ワックスやコンパウンドを使用しないと光沢の維持が難しくなりますが、これらを使用して磨きすぎたことによって塗装を傷めてしまうケースもあります。

カーラッピングを施しておけば、効果的に車を外的ダメージから守ることが可能です。

カーラッピングの耐久性を高める工夫を!

カーラッピングの耐用年数は3年といわれますが、過酷な環境で車を保管していると、さらに寿命が短くなることがあります。

雨風・直射日光をまともに受ける状態は好ましくなく、ガレージ保管をすることが理想です。

またカーポートはガレージほどの効果はありませんが、雨風・直射日光からある程度守ることができます。

洗車を行うことは問題ありませんが、洗車機よりも手洗いのほうがラッピングに優しいのは間違いありません。

降雪地に住んでいる方は車の雪下ろしをするときにラッピングに刺激を与えないように注意してください。

ラッピングを施した状態で大きな傷がついた場合は、全体的な補修が必要になることがあります。

一般的な板金塗装より対応が難しくなることが多いので、普段から安全運転を心がけることが大切です。

カーラッピング愛用者のコメントを聞くと、施工後は車を大切にするようになったとの声が多いです。

大切に乗り続けることは車の資産価値を守り、売却時にも有利になるでしょう。

ラッピングの寿命は約3年となるため、メンテナンスは3年サイクルで行うのが好ましいでしょう。

ある程度経済的に余裕を持たせた上で実施するのが賢い方法といえます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房のメイン画像
第3位 カーロ
第4位 GRAD
第5位 G-DESIGN