カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

キッチンカーにカーラッピングを施すことによって得られるメリット!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2022/01/28


キッチンカーを運営している方の中には、「他の車にはないインパクトを付け足したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。このような悩みを解決する際には、カーラッピングが非常に有効です。そこで、今回はカーラッピングの概要から、キッチンカーにカーラッピングを施すメリット、施工費用の相場についてまとめて紹介します。

そもそもカーラッピングとはどのようなもの?

「そもそもカーラッピングって何?」と疑問に思う方もいるかと思います。そこで、まずはカーラッピングの概要や特徴について紹介しましょう。

カーラッピングとは

カーラッピングとは、塗料を使用せずに、圧着と加熱によって粘着する特殊なフィルムを車に貼り付けて外装のデザインを変更することです。簡単に自分好みのデザインやカラーに変更することが可能であり、マイカーをオリジナル性のあるデザインに仕上げることができます。

カーラッピングには主に、車全体にフィルムを施す「フルラッピング」、部品やパーツなどの一部分にラッピングを施す「パーツラッピング」、ロゴやキャラクターなどがプリントされたフィルムを施工する「デザインラッピング」の3種類に大きく分けられます。

従来では、車のデザインやカラーを変更したい場合には、買い替えや塗装が一般的とされていましたが、どちらも多額の費用が発生していました。しかし、昨今ではフィルム技術の進化によって、カーラッピングでリーズナブルかつ簡単に車のデザインの変更が楽しめるようになりました。また、カーラッピングではデザインやカラーの変更だけでなく、車体やパーツを保護する際にも非常に有効です。

車体の大きさ・デザインに問わず施工できる

カーラッピングでは、主にポリ塩化ビニルから作られているフィルムが施工の際に使用されています。このフィルムは特殊な加工によって、引っ張り強度や寸法安全性が優れているため、さまざまな車体でラッピングを施工することが可能です。また、施工業者によって豊富なデザインのものが取り揃えられており、中には厚みを変更することが可能なものもあるなど、より良好な柔軟性と追従性を兼ね備えた製品も存在します。

カーラッピングの利点

カーラッピングを施工する最大の利点は、ラッピングをはがせばいつでも元の塗装に戻すことができる点です。塗料や買い換えでデザイン・カラーを変更する場合、手間や費用がかかり、塗装を行う際には元の塗装を一度落としてから再度塗装を行う必要がありました。

一方、カーラッピングでは、塗装を行う必要がないため、元の塗装を落とすことなく専用の特殊なフィルムを用いるだけで、簡単かつお手ごろな値段で車のデザインやカラーを自分好みに変更することが可能です。

キッチンカーにカーラッピングを施すことによって得られるメリット

カーラッピングを施したキッチンカーは、走行中や停車中に歩行者や他の運転者などに対して、さまざまなアピール行うことが可能です。ここでは、キッチンカーにカーラッピングを施すことによって得られる主なメリットについて紹介します。

認識されやすくなる

カーラッピングが施されたキッチンカーは非常に目立つため、走行中や停車中など一瞬でも車を目にした人に対して、「何の車だろう?」と存在を認識させることができます。

記憶に残りやすい

人の記憶は、視覚に入ったものの情報を脳にまずインプットし、その情報を保持し続け、さらに脳にある情報を思い出すことによって記憶に残りやすくなるといわれているようです。カーラッピングが施されたキッチンカーは、そのインパクトの強さから一度見ただけで覚えてもらうことが可能です。視覚的な効果はもちろん、キッチンカーの雰囲気や商品の匂いなども加わることによって、キッチンカーを目にした人により鮮明に覚えてもらうことができるでしょう。

遠くからでも識別できる

キッチンカー全体にカーラッピングが施されている場合、一度目にした人は遠くからでもそれが何のキッチンカーなのかを識別させることができます。識別効果をさらに高めるためにも、店名や商品の写真などは遠くからでも見やすいように工夫してみるとよいでしょう。

宣伝・広告効果が高まる

キッチンカーにカーラッピングを施すことによって、高い宣伝効果・広告効果が期待できます。キッチンカーの車体に店名やキャッチコピー、売り出したい商品のデザインがラッピングされている場合、それ自体が走る広告として高い効果を発揮します。定点に置く看板などと比較しても、広範囲かつ大勢の人の目に留まるため、効果的な広告媒体となることが期待できるでしょう。

親近感が湧く

キッチンカーは、クレープやカフェなどのデザート系統のものから、タコスやケバブなどの食事系などさまざまな食べ物や飲み物を取り扱っています。カーラッピングを施す際に、販売する商品のイメージやメニューに合ったカラーのデザインをラッピングすることによって、見た人に親しみを感じてもらうことができます。

たとえば、コーヒーやミルクティーなどのカフェ系のメニューを取り扱っている場合には、黒やこげ茶を基調としたデザイン、クレープなどのスイーツ系のラインナップを展開している場合には、ピンクや黄色といったパステルカラーにするなど、メニューとイメージが合致したデザインを選ぶとよいでしょう。

カーラッピング費用の目安

カーラッピングは、フィルムの種類や施工する車種によって、さまざまなラッピング方法があるため、一概に費用の計算をできません。カーラッピングの施工を行う場合、主に自身で行うDIYと、業者に施工を依頼する2つの方法にわかれます。ここでは、DIYを行う場合と業者に施工を依頼する場合にかかる費用の相場についてそれぞれ紹介します。

DIYでカーラッピングを施す際にかかる費用の相場

カーラッピングをDIYで行う際にかかる費用は、クオリティやこだわり具合によって異なりますが、少なく見積もっても15万円以上といわれているようです。DIYは業者に依頼する場合と比べると、費用を抑えることができますが、失敗してしまうリスクもあります。せっかく費用を抑えたとしても、フィルムのサイズが足りずに中途半端になってしまったり、フィルムにシワができて破れてしまったりすることも少なくないため、施工する際には注意して行うようにしましょう。

業者にカーラッピングを依頼した際にかかる費用の相場

カーラッピングを業者に依頼した際にかかる費用は、施工する車種やラッピング方法によって異なりますが、車種全体を施工するフルラッピングの場合は少なくとも50万円以上かかるといわれています。パーツや部品ごとに行うパーツラッピングを行う場合には、ルーフやボンネットなど車のパーツごとに値段が異なっていきます。キッチンカーをラッピングする場合は、フルラッピングを行うことが多いため、施工業者にラッピングを依頼したほうが確実といえるでしょう。

まとめ

この記事では、カーラッピングの概要、キッチンカーにカーラッピングを施す5つのメリット、施工する際の費用相場について紹介しました。カーラッピングによって車体のデザインを変更することによって、キッチンカーのイメージを大きく変えることができます。また、施工するだけで宣伝効果も期待できるため、ラッピングに興味を持った方は、ぜひご自身のキッチンカーのカーラッピング施工を検討してみてください!

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧