カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングに使用する素材にはどのようなものがある?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/15

カーラッピングは車のデザインに変化を持たせることで、車の雰囲気を変えることができる方法としてとても注目されています。このような車のラッピングでは特殊加工された特別なフィルムを用いておこなわれています。ここでは使用される素材はどのようなものなのかという点について、その性質なども含めながら紹介します。

メリットがいろいろあるカーラッピングとは何か

カーラッピングは車に特殊フィルムを貼り付けたり覆ったりして車の外観デザインに変化を持たせる方法で、昨今一般の人々にも自分の車をDIYする人が増えています。

カーラッピングは特殊なフィルムシートが用いられており、そのシートにあらかじめロゴや写真などを印刷するなどすると、自社カーや宣伝カーとして活用することもできます。そのため、運送会社や路線バスの宣伝広告などにも活用されており、自家用車に印刷を施したシートを貼り付けたりしてデザインを楽しんだりされています。

さらに、カーラッピングは傷がある部分をカバーしてくれるので、古い車もまるで新車のように見えるようになるといったメリットなどもあります。さらに、ラッピングシートを車体に貼り付けるので車体を保護する役割もあり、リース車などでも用いられており、さまざまな目的でカーラッピングはおこなわれています。

カーラッピングのメリットは塗装をしないので、低コストで車体の雰囲気を変えることができる点にあり、役割が終わればそのまま剥がせば元の状態に戻せるので手軽で便利という点です。

例えば、新車で勝ったときにラッピングを施せば、車体が保護された状態で乗ることができ、車を買い替えるときにラッピングシートを剥がすと外観はきれいに維持されているのでより高く売れるなどの理由でシートを自家用車に貼り付けて乗る人もいます。

このように注目度の高いカーラッピングですが、車に貼り付けるラッピングシートはどのような素材でできているのか知りたい方も多くらっしゃるのではないでしょうか。そこで、これからラッピングに使用されるシートの素材について具体的にご紹介してみたいと思います。

どんな素材が用いられているのか知ろう

車にラッピングシートを貼り付けると、車体を保護することができたり、外観デザインに変化を持たせることができるようになります。このような車に施すラッピングにはいろいろな点でメリットがありますので、たくさんの人々からとても注目されているのです。

では、そのような場合に用いられるラッピングシートはどのような素材で作られているのでしょうか。この点については基本的にラッピングシートはポリ塩化ビニルという樹脂で作られており、合成樹脂、つまりプラスチックの1種になります。

このポリ塩化ビニルは塩化ビニルともいわれ、クロロエチレンの重合反応時に生成される高分子化合物のことなのです。車をラッピングするときに用いられるフィルムは、この塩化ビニルが材料として用いられているということなのです。

車をこの特殊フィルムでラッピングをするときに、一度ドライヤーで熱を加えると、フィルムはしっかりと車体に固定できるようになります。フィルムを伸ばした状態で車体に貼り付けてから熱を加えるとその状態で固まってくれるのでしっかりと車体にぴったりさせることができるというわけです。

実は、ラッピングフィルムの材料の塩化ビニルはそれ自体は硬くて脆いという性質があることが知られていますが、ラッピングに適するように柔らかくする成分も混ぜられているので伸びやすくしなやかになっているのです。

塩化ビニルに強度と柔軟性を持たせるために加えられているものは可塑剤と呼ばれ、フィルムを加工しやすくして強度も維持する目的で用いられています。そして、フィルムに熱を加えるともうそれ以上は伸びたり縮んだりしないようになって、車体にきれいに加工していくことができるというわけなのです。

ラッピングシートはこのような特殊な性質を持っていますし、シートに印刷をおこなうことができるようにもなっていますので、車のデザインを変えるなどの点でもしっかりとラッピングの役割を果たしています。車ラッピングに用いられるシートはこのような性質を持っており、それ専用に特殊加工された使用になっています。

ラッピングシートの種類はいろいろとあり、光沢があるタイプのものやマットな仕上がりとなるものなど、外観のニーズに応じて選ぶことができるようになっています。艶がないのに光るというタイプのものもありますので、車をどのようなデザインにしたいのかというニーズに沿って選べるのもうれしい点と言えるでしょう。

専門の業者に任せるときれいに仕上がる

車のラッピングに用いられるフィルムは塩化ビニルという素材で作られており、その素材に特殊加工が施され、柔軟性や強度といった性質を持つようになっています。

このような素材で作られたシートを車体に貼り付けていくという作業を通してラッピングを施していきますが、貼り付ける作業は練習を重ねるとだんだんと上手になっていくといえまし、きれいに貼り付けられるようになるにはある程度の時間がかかるかもしれません。

何度も繰り返しながらコツをつかんでいくというプロセスはきれいな仕上がりという意味でも必要といえるでしょう。けれども、最初は一人ではなく二人以上で協力して貼り付け作業をおこなってみたり、慣れた人と一緒に作業をしてもらうなどすることで、初心者もきれいに仕上げることは可能といえます。

外車などの高級車のラッピングで、最初からきれいに仕上げたい、プロに依頼する方が安心という場合には車ラッピングに対応している業者などがありますので依頼して貼り付けてもらう方がきれいな仕上がりになるでしょう。また、よりリーズナブルな価格でラッピングをしてもらえる業者も多くありますので、いろいろと情報を集めて比較して業者選びをするのがおすすめです。

ラッピングサービスを提供している業者にはそれぞれ専門性があり、高級車やスポーツカーの加工が得意な業者や中古車を新車のように見せるカーラッピングが得意な業者などいろいろなタイプの業者がありますので、どのような車をどのようにラッピングしてもらいたいかという点を明確にしておくとぴったりの業者を探しやすいです。

さらに、ラッピングだけでなく、車の内部の機能のカスタマイズなどができる業者に依頼すると細かなニーズにも対応してもらえるので満足度も高いですし、そのことが安心感にもつながります。

 

車のラッピングは車体の雰囲気を変えたりデザインに変化を持たせるだけでなく、車体を傷や雨などから保護してきれいな状態で車に乗ることができるなどのメリットがあります。そのため、車のラッピングに興味を持つ人も多くなっていますが、こうした作業に使用されるフィルムは基本的に塩化ビニルをその原料として用いています。

そして、フィルムがラッピングに適するように柔軟性を持たせるとともに強度も維持するための成分も含まれています。このような特別な素材がカーラッピングでは用いられているのですが、よりきれいに貼り付けをしたいという場合には専門の業者に任せておくと安心できます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧