カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングを自分で行うのと業者に依頼することの違いとは

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/22

車の見た目を大きく変えられるカーラッピングは良く行われていますが、作業そのものは難しくなく誰でもできる方法です。

ただ専門業者に依頼するやり方もあるので、それぞれの違いを理解してからどのように行うか決める必要があります。

 

自分で行うカーラッピングのメリット

 

運転する車の見た目を変えたい時は塗装する方法もありますが、手間がかかりやすく簡単には行えません。

短時間で見た目を変えたい時はカーラッピングが便利で、沢山の方が利用していて人気を得ています。車の表面にフィルムを貼るこのやり方は、手間がかかりづらく一般の方でも必要な作業を行えます。

使うフィルムの印刷もそれほど難しくないため、使える機器を持っていれば自分で用意するのも十分できます。業者ではなく自分で作業するメリットとしてあるのは、費用が殆どかからず負担が軽い点です。仕事を依頼すると大きな費用がかかる時もありますが、自分でするならばフィルム以外の負担は殆どかかりません。

ただ作業を自分で行わなければいけないため、ある程度時間がかかる点は気をつけるべきです。

慣れていれば短時間で作業を終えられますが、そうでないとある程度時間がかかってしまうので気をつけなければいけません。フィルムを貼る作業は順番があるので、どういう形でするか事前に調べておく必要があります。

ネットには作業方法を紹介しているサイトも多いため、そのような所を参考にすればやり方を理解できます。自分で作業をするのはメリットが多い方法で、特に費用が安くなる良さがあります。

少ない負担でやりたい時に便利なので、車の見た目を楽に変えたい時に効果的です。作業で必要になるフィルムは自分で用意する方法もありますが、印刷を業者に依頼するのも可能です。ネットから仕事を頼める所も多くあるため、依頼しておけば自分の車に合ったものを手に入れられます。

また自分で行う方法はデザインを自由に決められるので、使う画像を選びやすく評価されています。自分で描いた絵などを使うやり方もあるため、特別な形で対応するのも可能です。デザインに関しては相談できる所もあるので、自分で考えるのが難しい場合は仕事を頼む方法もあります。

それほど大きな費用はかからないため、デザインを相談してから行えば良い形で対応できます。自分で必要な作業をする方法は費用がかかりづらく、簡単にできる点が優れていて良く行われています。特別なフィルムを貼りたい場合は業者に任せるべきですが、普通のフィルムならば自分でも十分作業を行えます。

 

カーラッピングを業者に依頼する良さ

 

見た目を変えられるカーラッピングは便利な方法で、少ない費用で行えるため人気を得ています。

作業はフィルムを貼るだけなので自分でもできますが、専門業者に仕事を依頼する方法も行えます。

専門業者に依頼するメリットとしては、安心して仕事を頼める点があります。自分で作業をすると失敗するケースもありますが、専門業者ならば確実に対応してくれるので安心です。何らかのトラブルが起きた時も柔軟に対応してくれるので、問題なく作業をしたい時に利用しやすい所があります。

料金はある程度かかってしまいますが、車の一部にフィルムを貼る程度ならば安い料金で頼めます。仕事を依頼できる業者の良さとしてあるのは、複雑な形でフィルムを貼るのも可能な点です。例えば車を分解してフィルムを貼るなどの作業も頼めるので、理想的な見た目に変えるのも難しくありません。

普通の方だと車を分解して作業するのは大変ですが、専門業者ならば問題なく行ってくれます。殆ど分からないようにフィルムを貼ってくれるため、塗装した時と変わらない見た目にしてくれます。

またカーラッピングでは特別なフィルムも利用可能で、耐久性の高い製品も使えます。耐久性の高いフィルムは丈夫にできているため、車に傷ができるのを防ぐ効果があります。運転していると車道の石が車にぶつかるなどの問題が起こりやすく、その結果傷ができてしまう時は多いです。

事前にフィルムを貼っておけば被害を軽減しやすく、車に傷ができるのを防げるのでメリットがあります。耐久性の高いフィルムは特殊な製品なので手に入れづらく、一般の方だと購入する時に手間がかかります。

専門業者ならばそのような心配がないので、特別なフィルムを使った作業でも問題なく行えます。ある程度の期間フィルムを使っていると、表面が傷つくなどの問題が起こる場合があります。

傷がついた状態を放置しておくとトラブルになるので、貼替えをするなどの対応をしなければいけません。仕事を頼める専門業者では貼替えの仕事も頼めるので、理想的な状態にするのも難しくありません。自分で行うのと違いある程度費用はかかりますが、特別な作業を依頼できるのが専門業者の良さです。

 

やり方によって変わるカーラッピングの違い

 

自分で行うカーラッピングは費用が安い特徴がありますが、専門業者に比べるとできることが少ないです。

例えば特別なフィルムを用意するのは難しく、変わった形で貼るのも簡単ではないので問題点もあります。専門業者に仕事を頼むのは負担はかかりますが、特別な形で作業してもらうのも可能なので便利です。最新の技術を使ったフィルムを利用するなど、変わった方法で作業をしてもらえるのでメリットがあります。

仕事を専門業者に依頼する良さとしてあるのは、作業の手間がかからず簡単に行える点です。自分に行うと長時間作業を終えるまでかかりますが、仕事を頼めば短時間で対応してくれるので負担がかかりません。

ただ車の一部にフィルムを貼る時は短時間ですみますが、全体に行う場合はある程度かかります。一週間以上かかる時もあるので、どの程度で終わるのか十分に確認しておく必要があります。

個人でフィルムを貼るメリットとしてあるのは、どのようにするか自分で決められる点です。業者に依頼すると作業方法が限定されますが、自分で行うならば好みに合った形でできます。

自分がやってみたい車の見た目に変えられるため、理想的なデザインにするのも難しくありません。好みに合わせた形にできる特徴があるので、自分で作業する方法は良く行われています。

カーラッピングには自分で行うやり方と、専門業者に依頼する方法があります。

どちらにも良い所はありますが違いを理解しておかないと、トラブルになりやすいので気をつけなければいけません。

仕事が忙しい方ならば専門業者に依頼するのが向いていて、簡単に見た目を変えられるので負担がかかりません。ある程度費用がかかる問題点はありますが、一部にフィルムを貼る程度ならば安い料金で頼めます。

休日に作業する時間がある方は、自分でフィルムを貼ってみるのも良い方法です。使いやすいフィルムを選べば手間はかかりづらく、簡単に必要な作業を行えるのでメリットを得られます。それぞれの違いを理解してからカーラッピングをすれば、自分に合った形で必要な作業を行えます。

専門業者に依頼する時も利用する所によって料金が変わるので、複数の業者を比較してから頼むと問題が起こりづらいです。

 

自分でも行えるカーラッピングですが専門業者に依頼して、代わりに作業してもらう方法もあります。

専門業者は特別なフィルムを使った作業も問題なく行えるため、変わったデザインの車にしたい時に利用しやすいです。

フィルムを自分で貼る方法は費用を安くできるので、少ない負担でカーラッピングしたい時に良く行われています。貼る作業そのものはそれほど難しくなく、ある程度慣れれば誰でもできるようになるため問題なくできます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房のメイン画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧