カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングで痛車はどうやって作る?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/12

一昔前だと「痛車」は少し珍しいものでした。しかし近年では頻繁に見かけることも増えています。これから自分の車を痛車にしたいと考えている方もいるかもしれません。

そこでここでは、どうやって痛車を作るのかを見ていきましょう。

外国の人の注目度も満点で総合芸術的な評価も高い

最近の日本のオタク文化は目を見張る魅力を放っていますが、特に海外からも注目度が高く、輝かしい文化として広く世界的に受け入れられています。海外の人の中には、日本の持つ魅力をいち早く嗅ぎ分け、強いアプローチをかけてくれる会社等も多く存在しているうえ、オタク文化は柔軟性や多様性があり、海外の人のニーズにもとても良く答えています。

また、こだわりや訓練を積んで自慢の車ができたときの達成感や充実感から、オフ会等では大切な仲間ができることも多く、より良い技法などを教え合い切磋琢磨している人も多いです。そして、生まれてくる作品はとても魅力的ですから、日本国内外からの各種メディアからの取材等も多く、SNS等でも最近とても話題になっています。

ミニサイズのオタク専用ラジコンカーも販売されていて、実寸大のオタク専用の人車専用だけではなくミニチュアも楽しんできる人が多い世界です。工夫次第ではあまりお金をかけずに車をカスタムして遊ぶことも可能で便利ですから、楽しみ方は無限大ということになります。

一度作成すれば、長く愛用できる車なので、あまり頻繁に車の買い替えをおこなう人も少ないですが、長く乗りながらカスタマイズしている人が多いです。結局は、車を買い替えているときと同じような費用がかかっている人も見受けられますが、車を大切にのっている人が多い、ということにもなり自分の作品への強い愛情とこだわりが感じられます。

あえて平面や色面で表現し明るい世界を醸し出している

海外の人の中には日本の昔ながらの古い街並みや、日本画の魅力に強く引き付けられる人も多いです。そして、長年オタク文化の象徴として有名な痛車やフィギュアなどの作り方や制作方法に強く引き付けられて、熱心に技法や手法を学び参考にしている人も多いです。

痛車は美少女等の華やかな模様のシートを車に貼りつけることで意外と手軽に作成できますが、美しく貼るためには、かなり練習が必要な事例も多いため、専門家に依頼したほうがはやい場合も多いです。勿論、自分で貼り付けることも可能ですから、張り付ける際は、空気やゴミなどが挟まらないように慎重に貼ることが大切です。

また、張り付ける場合は、車の後ろの窓の半分ぐらいまでキャラクターの顔で覆うぐらいが魅力的、としている人が多く痛車独特の貼り付け手法として親しまれています。

また、実際にシートを張り付ける際は、一度に貼りつけてしまうのではなく、端のほうから順番に慎重に空気を抜きながら貼り付けていくことが大切です。空気を抜く際は布や特別な機材を使用して順番に端から貼り付けることが多いですが、失敗するとやり直しする際かなりの労力がいるため、一度で成功させるように練習していくことがほとんどになります。

はじめは小さな範囲で練習して上達していく場合がほとんどですが、熟練してきた場合も、あまり大きなシートを張るのではなく、何区間かに分けてうまく貼っていくことが多く、シートを張る際の失敗を防いでいます。

また、キャラクターを車に貼りつける際は、運転する際の安全面の規定をクリアするように最新の注意が払われていて、根気強い調整がおこなわれていることがほとんどで、オタクの人達が愛用している車は総合的に手の込んだアート作品のような感覚で扱われていることも多く、重宝されています。

練習を重ねることでシートの貼り方は上達してくる

また、痛車は見た目が華やかなだけではなく、とても魅力的な輝きを放っていますが、やはり車に貼るシートのデザイン性やカラーバリエーションなどの独自性は目を見張る個性がある、と外部からの評判も素晴らしく、色彩の魅力は高い芸術性に裏打ちされていると言えます。

痛車の色彩感覚や表現法は、現在の芸術技法のスーパーフラット、という技法に酷似していますが、特徴としては、シルエットなどを極めてシンプルに表現し、無駄なラインを省いて表現しています。さらに立体感は色面や形でとらえ、昔ながらの油絵等で使用されているような、背景をぼかす手法よりも、人物と背景の大きさの比較で遠近感を出している手法も多いです。

勿論、影の部分は省いてある場合が多く、立体感は同一カラーの色の濃淡のみで表現して、全体的に明るい世界観が表現できるように工夫されているという一面があります。また、人物なども極端にデフォルメされたものもあり、足がとても長いキャラクターや、バストがとても強調された美少女なども痛車の定番の人物表現といえます。勿論、瞳は大変大きく強調され、色鮮やかに彩られ目の中の光なども、少女漫画のようにされています。

痛車を彩るデザインは、古くは浮世絵に使われた技法で、昔の西洋の画家がこぞって真似した作風の名残とも言えますが、見ていると色面の魅力が強調されていて明るい気持ちになることも多く、痛車に使用されているスーパーフラット法は、現在の世界のアート作品にも多く使用されています。

カーラッピングは専門家に依頼すると素早く作成し、貼り付けてくれる場合が多いですが、自分だけで一から車を仕上げてしまう人もいます。強いこだわりを持っている人はやはり一から技術を身につけるほうが何かと便利なことも多く、やはり向いている手法を選択することが大切になってきます。

自分で仕上げる場合、費用面でも格安で済む場合もありますが、逆の場合もあり、時と場合に応じて柔軟に選択していくことが大切です。最近はどの手法を選択しても上手に作品を完成させることか可能な便利な道具も多く開発されていますから、一度調べてみても良いです。ネットなどで自分で調べていると、カーラッピングの際の道具も大変多くなってきていることに気付いたり、よい情報を入手することも可能で便利です。

 

海外からの評価も高い日本のオタク文化は、独特の世界観でにぎわっていますが、芸術的な視点からみても大変優れた技術力があります。特に車のデザイン性や、独特の装飾技術は海外からも観察しに来る人も多く、技法等を学び、自分のものにして帰国する人も多くなってきています。

痛車の作り方は、最近はユーチューブ等の動画などでも学ぶことが可能な時代ですが、専門の学校に通っても効率よく学ぶことが可能です。また、自分の車を痛車にカスタマイズする場合は、専門の業者に依頼すると、しっかりと作成してくれる時代ですから、とても便利で気軽にオタク文化を楽しむことが可能です。

現在ではスーパーフラットという技法で美しい色面で見る人の心を楽しませていますが、技法としては、昔からある手法で人気もあります。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧