カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングが剥がれてしまう原因とは?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/03/22

車の見た目を変えられるカーラッピングは良く行われていますが、何らかの原因ではがれてしまう場合があります。

適切に対応しないとこのようなトラブルが起きやすいので、利用する時は十分に注意しなければいけません。

 

貼り方によっては問題になるカーラッピング

 

変わった見た目に車を変えるのも可能なカーラッピングは、人気のある方法で評価されています。

作業そのものも難しくなく自分でもできるので、利用している人は少なくありません。

ただこの方法はフィルムを貼って行うため、やり方を間違えるとはがれてしまう場合もあります。適切に作業をしなければいけないので、どのようにするか十分に考えなければいけません。

フィルムを貼る時に気をつけなければいけないのは、車の表面の汚れを落としておくことです。表面に汚れが残ったままフィルムを貼ってしまうと、後ではがれる原因になるので気をつける必要があります。

車の見た目を良くする時はワックスを塗る場合がありますが、このようなものも問題になりやすいです。表面に塗ったワックスはフィルムを貼る時に問題になりやすく、取り除いてから作業をしなければいけません。

カーラッピングでフィルムを貼った後ではがれる場合は、作業した時に何らかの問題を起こしている可能性があります。適切な対応をしておけば防げるので、トラブルが起きない形で作業をするべきです。

またフィルムは熱に弱い性質があるため、貼った後で伸びてしまう時があるので注意しなければいけません。フィルムが伸びるとはがれやすくなるため、大きな問題になる可能性があります。

作業をする時は熱処理をしておくと問題になりづらく、フィルムが伸びる問題に対応できます。熱処理をしていないでフィルムを貼ってしまうと、エンジンなどの熱で伸びてしまうので注意がいります。十分な対策をすれば問題は起こりませんが、自分で作業をするのが難しいケースもあります。

そういう時は専門会社に相談すると良く、問題が起こらない形で対応してくれるので安心です。カーラッピングをすれば車の見た目を変えられますが、作業に問題があるとすぐにはがれてしまいます。

もし問題が起これば見た目が悪くなってしまうので、貼る作業をする時は慎重に対応しなければいけません。どのようにするか理解しておけば問題が起こりづらいので、作業の注意点を知っておくのは大切です。

専門会社に相談する方法もあるため、十分な対策をすればフィルムがはがれる問題に対応できます。

 

気をつけたいカーラッピングした車の洗車

 

野外で利用する車は汚れがつきやすく、見た目が悪くなったら洗車しなければいけません。

洗車は自分で行う方法もありますが、特別な機器のある所を利用してきれいにする方法もあります。お店に行くと洗車機が利用できる場合があって、簡単に車をきれいにできるので人気があります。費用もそれほどかからないため便利ですが、カーラッピングをしている時は注意しなければいけません。

車の表面にフィルムを貼った状態で洗車機を使うと、それが原因ではがれてしまう場合があります。特に強力なタイプの洗車機だと問題になりやすいので、利用する時は気をつけるべきです。

問題がないか確認したい場合は、お店の担当者と相談する方法があります。詳しい情報が得られるので自分の車に使って良いか分かりやすいため、洗車機を使う時は事前に話を聞いておくべきです。

また自分で車をきれいにする時も、フィルムがはがれないようにする必要があります。普通に掃除をするならばはがれる可能性は低いですが、強くこするなどの対応をすると問題になります。

表面に貼るフィルムはそれほど丈夫ではなく、耐久性が低いので注意して対応するべきです。車を洗う時に傷がつかないようにしておけば、フィルムがはがれる問題を避けられます。

カーラッピングをする時は使うフィルムの確認も必要で、どの程度丈夫なのか知っておくべきです。使われるフィルムによって耐久性が変わるため、丈夫なものを使うとトラブルを避けられます。

ただ耐久性の高いフィルムは費用もかかるので、使う時は十分に考えなければいけません。目的にあったフィルムを選べれば、良い形で自分の車の見た目を変えられます。

洗車機は簡単に車を洗える便利なものですが、フィルムを貼っている時は注意する必要があります。利用する洗車機によっては問題がない時もあるので、どのようなものを選ぶかが重要になります。

お店によっては車を傷つけづらい洗車機を、利用できる所もあるので便利です。車の表面を傷つけづらい洗車機で洗えるなら、表面にフィルムを貼った状態でも問題なく利用できます。

 

適切に行う必要がある車の管理方法

 

見た目を変えられるカーラッピングは便利ですが、塗装と違い耐久性が低いので気をつけるべきです。

塗装は紫外線などにも強い特徴があるので、野外に車を置いても大きな問題になりづらい特徴があります。しかし車の表面に貼られたフィルムは耐久性が低く、紫外線などの影響を受けやすいので気をつけるべきです。

野外に車を置いているとフィルムが劣化して、はがれるなどの問題が起こる可能性があります。車を保管する時は車庫を使うと問題になりづらく、良い状態を維持できるのでメリットがあります。

車庫があれば雨風の問題も防げるため、車の表面のフィルムがはがれるトラブルを防げます。自宅に車庫がない場合でも屋根のある所に保管できれば、紫外線の問題は防げるので効果的です。

太陽の光にフィルムは弱いため、日差しを避けられる所に車を保管しておけば問題を避けられます。カーラッピングは変わった見た目にできる方法ですが、風の影響で劣化してしまう時があります。使われているフィルムは柔らかいので、風で飛んでくる塵などの影響を受けます。野外に車を置いていると風が吹いた時に、小さな砂粒や塵などが車にぶつかって傷をつけます。

塗装ならば丈夫にできているので問題ありませんが、フィルムだと簡単に傷ができてしまいます。多少傷ができる程度ならば問題になりづらく、周囲に分かる可能性も低いです。しかし長い間野外に車を置いておくと、傷が増えてきて周囲にも簡単に分かるようになります。

車の保管をする時はできるだけ車庫を使うべきで、そういう形ならばフィルムがはがれる問題を防げます。必要ならば車庫を借りるなどして、フィルムがはがれるトラブルを避けられるべきです。

他のフィルムがはがれる原因としてあるのは、車の表面に塗るワックスが合っていないとトラブルになります。ワックスは車の表面をきれいにできるものですが、利用するフィルムの種類によっては問題が起こる時があります。

相性の悪いワックスを車に塗ってしまうと、それが原因でフィルムが劣化してしまうので気をつけるべきです。ワックスを使う時は問題がないか確認して、自分の車に利用できる製品を適切に選ばなければいけません。

 

変わった見た目に変えるのも可能なカーラッピングは、良く行われていて人気がありますが注意点も存在します。

使われるフィルムはそれほど耐久性がないので、はがれないように工夫しなければいけません。

特に最初に貼る時に問題があると、簡単にはがれてしまうので慎重に作業する必要があります。フィルムを貼った後の洗車のやり方なども工夫がいるため、どうすれば問題が起こらないか理解しておくべきです。

また車の保管も重要になりやすく野外に駐車するとトラブルになるため、車庫を利用して紫外線などの影響を防がなければいけません。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房のメイン画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像