カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングで車をデザイン!デザインから施工までの流れ

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/01


昨今では、カーラッピングが注目されてきています。カーラッピングを用いれば独特の質感や配色を演出できることが魅力であり、いつも乗っている車をイメチェンできるとあってさまざまな人が利用しているのです。カーラッピングをする際にはデザイン選びなどが大変重要ですが、実際に依頼する際の流れはどのようなものになるのでしょうか。

カーラッピングで車をイメチェン

そもそもカーラッピングは欧米で発達したものです。日本ではまだなじみのないカーラッピングをすれば、それだけ目立って注目されるともいえるでしょう。カーラッピングは車体に専用のカーラッピングフィルムを貼りつけるもので、これだけで簡単に色も変えられますし、素材の質感なども変更できます。

まったく違った車両のように切り替えることができるので、新車を購入しなくても楽しめるでしょう。カーラッピング自体は簡単にはがせることもあり、便利な手法です。また、カーラッピングはビジネスにも向いています。よくラッピングされたバスなどが宣伝などで使用されていますが、これは代表的なラッピングのビジネス向けの利用例といえるでしょう。

ビジネスに用いることで宣伝効果も期待でき、話題性も得られます。このように利用価値が高いカーラッピングですから、積極的に活用してみるのもよいでしょう。カーラッピングの価格も下がってきており、ますます利用しやすくもなっていることもおすすめする理由です。

自分で施工することはできるのか

カーラッピングはDIYでできるようなキットも販売されています。これを使えば自分で施工することも可能ですが、基本的にラッピングは専門業者に依頼するのがよいでしょう。一般人が行うと上手くできなくて汚い仕上がりになることもあるため、技術や知識のある業者に任せることをおすすめします。

また、自分でカーラッピングを行い、車体を傷つけた場合は保険も適用対象外のようです。そうした意味でも専門業者にやってもらうことが大切でしょう。専門業者に依頼するとデザインなども提案してくれますから、初めてラッピングするという人も安心して任せることができます。自分でやると後悔するケースもあるため、最初は専門業者に任せてみましょう。

とくに専門業者に任せると、細かいところまでラッピングしてくれるのがメリットです。バンパーの縁など、一般人がするのは難しいような箇所も隅々までラッピングしてくれます。これによって見た目もよくなり、統一感も出ます。業者の中には、斬新なカラーリングを提案しているところもあるようです。

デザインについてもっと詳しく知っておく

カーラッピングというものはデザインが命です。満足いく仕上がりにするためにも、細心の注意を払って行うことが必要になってきます。せっかくラッピングするのですから、個性的なものを選びたいところでしょう。たとえば、キャラクターをあしらったものもありますし、自分の名前を入れるといったこともできます。

もちろん、オリジナルデザインを作成することも可能です。業者によってはプロデザイナーにデザインしてもらうということもできますから、相談してみるとよいでしょう。デザイン選びで注意しておきたいのが車との相性です。車種によって合うデザインとそうでないものがあります。軽自動車に派手なイラストを利用しても中々魅力が感じられないこともあるでしょう。

このような相性についても専門業者に相談すれば、しっかりと教えてくれるので安心できます。中には完成予想図を3Dで見せてくれるといった業者もいるようです。ラッピングした後に後悔することがないようにするためにも、こうした業者の利用も考えてみるとよいでしょう。

しっかり依頼して施工してもらおう

施工業者は都内では増えている傾向にあります。今後はさらにカーラッピング業者も増えていくことが予想されますから、企業間競争によって価格も安くなってくることが期待できるでしょう。依頼方法も手軽であり、問い合わせして相談に行くだけです。問い合わせ後、予約した時間に合わせて店舗に行き、ラッピングしてもらうこともできます。相談をしてからデザインを詰めて、納得いくものを作り上げましょう。

この事前の相談はじっくりと行うことも大切です。仕上がりを左右しますから、自分の思いをしっかりと業者の担当者に聞いてもらってください。ここでコストも気にしておきたいところです。デザインがオリジナルだと、コストも跳ね上がることもあります。

ラッピングというものは何度でもできますから、最初は軽く始めてもよいかもしれません。相談の際には実際に他のラッピング車両も見せてもらうと参考になります。ラッピングされたスポーツ車などをみれば、ワクワクしてくることでしょう。ちなみに、ネット相談に対応しているところもありますから、便利に依頼できます。

実際に施工してもらってください

オプションも豊富にあるので確認しておきましょう。たとえば、ボディー下部までラッピングしてもらえる業者もいます。立体加工ができるところもありますから、希望を相談してみるのがおすすめです。立体加工してもらえば魅力的な車両ができます。

他に、完成後に写真撮影をしてもらったりアルバムを作ってもらえたりすることもあるでしょう。車両の貸し出しを行っているところもありますから、車がなくてもカーラッピングを楽しめます。気になる料金ですが、これはピンからキリまであります。オプションもつけてフルでやってもらうと10万円を超えてくるでしょう。しかし、安く収めようと思えば、10万円以下でやってくれる業者もあるので、予算に合わせて活用しておいてください。

ただし、ラッピングにはお金をかけたほうが満足度は高いでしょう。相談してデザインなどが決まったら実際に施工してもらいます。ラッピングは混んでいなければ一日で終わることもありますが、通常は車を預けて数日で仕上がるようです。ラッピング前にはクリーニングも必要ですし、下準備も欠かせません。

完成したらじっくりと楽しんでいく

実際にラッピングが終わったら細部をチェックしておきましょう。希望と合わない箇所があったらその場で補修してもらえます。ちなみに、ラッピングが終わっても、すぐに高速道路などを走るのはあまりおすすめできません。ラッピングがしっかりと付着していなくて、少し剥がれてしまうといったこともあります。

このあたりの注意事項については、しっかりと専門業者から説明があるでしょう。また、ラップされた車両はこすりキズなどに強いというメリットがあるようです。少しこすってもラッピングが剥がれるだけで、車体は保護されるなんてこともあるといわれています。撥水効果があるフィルムもありますから、何かと便利に利用できるでしょう。

車の日焼けを保護するといった効果も期待できますから、カーカバーなしで停めておけたりするという魅力もあるのです。このように万能に見えるものですが、ラップにも寿命がありますから気をつけておいてください。ものによっては1年程度で貼り換えが必要になってくることもあるでしょう。寿命を過ぎても放置していると剥がれやすくなったりしますから、適切な時期に貼り換えてもらってください。

 

カーラッピングはおすすめできるものです。とくにデザイン選びが大切ですが、自分でやるよりも業者にやってもらったほうがよいでしょう。また、ラッピングすると、さまざまなメリットも得られて魅力的です。施工を依頼する際にはじっくりと価格やプランなども比較検討しておきましょう。数年ごとに貼り換えればさらに楽しめます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧