カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

トラックにラッピングする際の費用相場や流れ・デザインの決め方を解説!

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/07/25


より多くの人々に企業が提供している製品やサービスを認知してもらいたいと考えている人におすすめの方法が、トラックにラッピングすることです。今回の記事では、サービスを利用するときの費用相場や具体的な流れなどを紹介します。これまでの実績や施工事例を確認して、業者を選定しましょう。

トラックにラッピングする費用相場

デザインの複雑性や納期の長さにより、同じ業者にサービスを依頼した場合でも料金は変動します。自社の予算の範囲内でサービスを利用しましょう。費用相場から大きく離れていなければ問題ないでしょう。

業者によって料金体系が異なる

どこの業者も同じ料金でサービスを提供しているわけではありませんが、料金の相場を知っておきましょう。デザインを複雑にして納期を早めると、費用が高額になる可能性があります。

反対に、ラッピングシートではなくペイント加工を行うことで、予算を抑えられます。あくまで自社の予算の範囲内で、サービスを利用することが大切です。

4t標準サイズの費用相場

左右2面に施工する場合は28万円~、3面施工する場合は33万円~となっています。デザインする面積が広くなると、そのぶん費用が高額になります。しかし、費用を抑えることばかり考えると、本来の目的が達成されにくくなるので、バランスを上手に取るようにしましょう。

トラックにラッピングする際の具体的な流れ

制作会社が決定するまで、時間がかかることが予想されます。特に、近傍に業者が見つからない場合は、業者を探す範囲を広げなければいけません。納期が決まっている場合は、先行的に業務に取り掛かりましょう。

製作会社の選定

トラックにラッピングを依頼したいときは、業者を選定しなければいけません。料金体系だけではなく、サービス内容やこれまでの実績も考慮して選定しましょう。ホームページに制作事例があれば確認してください。そのほかに考慮する内容は、自社と業者の距離が離れすぎていない、納期に間に合う可能性が高い、スタッフの対応が丁寧などです。

納期などの打ち合わせ

興味を持った業者に問い合わせます。打ち合わせの日程を調整しましょう。打ち合わせでは、自社の目的や予算に合わせたサービス内容、料金プラン、納期などを明らかにしていきます。こちらの要望はすべて伝えておきましょう。内容に納得できれば契約を締結します。しかし、しっくりこないときは1つの業者だけではなく、そのほかの業者とも打ち合わせを行いましょう。

デザインの打ち合わせ

デザインを作成できるスキルが自社に無い場合は、業者にデザインを依頼できます。この際、デザイナーが作業することになるので費用が割高になる可能性があります。ただし、自社にデザインを作成できるスキルがある場合や、自社のロゴマークのデータを業者に渡せる場合は、費用が割高になることも無いでしょう。

トラックを業者に預ける

デザインが完成した後はトラックにフィルムを貼り付けるので、業者にトラックを預けましょう。トラックを使用しないタイミングで貼り付けてもらうようにします。所要時間などは業者に事前に確認しておきましょう。早ければ4時間程度で作業が終了します。そのため、2~3日トラックを預けるつもりでスケジュールを組んでおきましょう。

納車

フィルムの貼り付けが終了すると納車になります。期限までにサービス利用料金を支払いましょう。また、アフターフォローの内容を確認してください。

ラッピングデザインの決め方は?

トラックにラッピングすることが目的ではありません。何のために取り組むのか忘れないようにしましょう。

企業目的と方針を反映しているか

人々にどのような企業なのか知ってもらう必要があります。また、どのような方針を持って活動しているのか知ってもらう良い機会です。目的と方針に共感した人は、トラックのラッピングを見た後に、インターネットで企業について調べるでしょう。

時代のトレンドを反映して陳腐化していないか

流行は常に変化します。最新のデザインが用いられていないと、陳腐化してしまいます。消費者は流行に敏感なので、トラックにラッピングしている企業よりも、そのことを敏感に感じているかもしれません。今までのデザインを踏襲するときは、それで問題ないのか立ち止まることも大切です。

視覚的イメージに差別性を有しているか

ほかの企業と同じようなデザインでは、差別性を有していません。自社のロゴマークやイメージカラーを採用して、積極的にPRしましょう。ただし、言葉やイラストが過激になっていないか確認する必要はあります。

宣伝する側は、少しでも多くの人に知ってもらいたいと思いながらデザインを作成するので、少しでも目立たせるために思い入れが強くなります。それは悪いことではありませんが、法的に問題のある言葉やイラストを使用するのはいけません。

視認性に優れているか

デザインの色や大きさにこだわりましょう。視認性に優れていれば、遠くにいる人にアピールできます。トラックをラッピングするメリットは、より多くの人に短時間で認知させられることです。そのため、見えにくいデザインは採用しないようにしましょう。

記憶性に優れているか

人々の記憶に残るデザインを採用しましょう。一度見ただけですぐに記憶に残るデザインであれば問題ありませんが、さまざまなデザインを日々見ている人々にとって、すぐに記憶に残るのは難しいかもしれません。そこで、何度もトラックを走行させることで、記憶の定着を図ります。記憶に定着すると興味が湧いてくるので、企業について自発的に調べるようになるでしょう。

連想性が豊かで経済活動に有利に働くか

トラックにラッピングする目的は、経済活動に有利に働くためです。顧客を増やして、製品やサービスを好きになってもらわなければいけません。そのため、デザインを見たときに連想性が豊かになることが大切です。たとえば、デザインが可愛くても、何のサービスを提供している企業なのか分からなければ宣伝効果は低いでしょう。

10~20m離れた距離から見られることを意識しているか

トラックが走行するのは道路で、人々が移動するのは歩道が中心です。歩道と道路は距離が離れているので、トラックを10~20m離れた場所から見ることを想定してデザインを作りましょう。キャラクターや文字の大きさ、色、文字の数などを決定するときは、さまざまなパターンを作成して、自社のイメージと視認性を考慮して決定してください。

トラックの前面に注目が集まる工夫をしているか

まずトラックに注目してもらわなければいけません。注目されなければ、トラックが通り過ぎる頃に人々がデザインを見るようになるので、宣伝効果があまり期待できなくなるからです。トラックの前面に注目されるラッピングがあれば、トラックをある一定の時間眺めるようになるでしょう。

単純かつ明確になっているか

トラックは移動しながら企業をPRするので、ポスターのように立ち止まって確認してもらえるわけではありません。そのため、短時間で人々の印象に残るように、単純かつ明確になっている必要があります。そして、企業を理解してもらわなければいけないので、そのためのデザインの工夫が欠かせません。

まとめ

トラックにラッピングすることで、さまざまな人から注目されるようになります。ラッピングするための費用は発生しますが、宣伝効果は高いでしょう。良い効果を生み出すために、企業目的と方針を反映して、視認性に優れたデザインを採用しましょう。どのようなデザインにすれば良いのか分からないときは、これまでの事例を業者に紹介してもらいましょう。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
記事一覧