カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピング用フィルムの進化を説明!

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/29


自働車のボディに対して施工するカーラッピングは、従来のものよりフィルムの進化を遂げています。人気のドレスアップ法でもあるので、現在までの進化の経緯を知ると、品質のよさをさらに理解できるでしょう。既に完成度の高い商品が多数販売されているので、DIYで自ら施工する方法と、専門会社に依頼して施工する方法も自由に選べるのです。

これまで活用されていたフィルムと施工可能な範囲の限度

現在ではカーラッピングというジャンルがあり、愛車や営業車両などを好みのデザインやカラーリングに変えることも自在に行えます。これまでは、カーラッピングにはできる範囲がある程度限定されてきた時代的背景があり、以前は屋外向けのカッティングシートを用いる方法が一般的でした。

ホームセンターや一部の文具店で購入可能なカッティングシートは多彩なカラーがあり、平面の部分に貼りつけをする際には便利品として扱われてきたのです。具体的には、営業車両やトラックなどに対して社名を入れたり、自社製品のネーミングを入れたりすることが多く、とくにタクシーの車両に対しては効果的な宣伝を行う方法として活用されてきたことも事実です。

カッティングシートは単色カラーに限定されているので、派手な宣伝を車両に施す場合では、複数のカラーのカッティングシートの組み合わせで上手く表現を行ってきた経緯もあります。

ただし注意点というものはあり、ボディに貼りつけを行ってから数年が経過すると、剥がす際にはかなりの労力が必要とされ、手作業ですべてを剥がすことに苦労してしまうという問題がありました。平らな面にしか施工できないフォルムになるので、施工範囲が限定されてしまうこともあったのです。カッティングシートでは貼りつける位置決めも、限度というものが出てしまうことは仕方のないことと判断できるでしょう。

自動車専用として開発されたラッピングシート

カーラッピングの方法で愛車をドレスアップしたい方は、自動車専用品として販売されているフィルムを用いることは大前提です。過去に使われてきたカッティングシートとの違いは明確で、ラッピングシートの場合はフィルム自体に柔軟性があることが大きな特徴です。

そのため、従来の方法とは異なり、平らな面だけではなく曲面にも施工することは可能になりました。初期に販売されてきたラッピングシートの場合は、単色カラーで色の数も限定されていた時代がありますが、曲面でもキレイに貼ることが可能なことが最大のメリットとして多くの方に利用されたのです。

少しの曲面であれば、フィルムに力を加えて引っ張ることでキレイに施工できます。曲面や角の部分までキレイに施工するには、ヒートガンやドライヤーで熱を加える方法で3D曲面でも対応できるという特徴が人気を集めていました。シート自体はネット通販からでも購入でき、DIYの作業でも自動車のボディの箇所による違いはあるものの、初心者の方でも手軽にドレスアップを楽しむことが可能とされています。

カーラッピングは入手可能な種類が豊富なことも魅力です

カーラッピングで愛車のドレスアップを目指す場合、進化しているフォルムが豊富にあることに気づくでしょう。カーラッピング用のフィルムは、単色カラーが豊富なことはもちろんのこと、カーボン柄やメタリック調、アイス系カラー、色が角度で変化をするマジックカラーなど選べる範囲は多いことが特徴的です。

あえて艶消し仕様に施すことも可能でしょう。パール色の中には塗装では高額になるような色でも、比較的安価な価格で販売されています。ドレスアップや宣伝用として利用する際にも、ラッピングの種類は数多くあるようです。

金属質なシートの中にはヘアライン加工を再現したシートまで販売されているので、愛車のボディに相応しいラッピングを自在に選べる楽しさを感じることができます。実際にECサイトなどで販売されているカーラッピングのフィルムは、塗装では表現することが困難な色調や柄をキレイに表現している商品が多いので、利用者の目指しているボディの仕上がりに貢献しているのです。

キレイに施工できない方に推奨できるカーラッピング

カーラッピングをDIYで施工することを希望する方は、大手ECサイトで検索をすると、多彩なシートが販売されていることを確認できます。プロに頼めば美しい仕上がりを実現できますが、DIY作業で自らチャレンジしたい方には、空気穴が設けられているシートを購入すると、簡単に貼りつけ作業を行えるでしょう。

ラッピングシートでも1度貼りつけを行った経験のある方は、空気や水分がシート内に残ってしまい、キレイに貼り付けを行えないということは珍しいことではありません。

この問題を解消した商品が空気穴を設けたシートになり、ドライヤーなどで熱を加えて曲面張りをする際にも、空気が抜ける穴があることで一般人でも失敗を防ぐことは充分に可能です。空気穴に関しては、シートの素材を進化させているものが該当しており、表面自体には何ら影響を与えないのでキレイな仕上がりを実現できます。

ラッピングシートの施工に慣れるテクニック

ラッピングシートを用いると愛車のイメージを大きく変化させる効果があり、ドレスアップを楽しんでいる方の中ではとくに注目されているアイテムです。サイズの大きなシートを購入すると、愛車すべてに施工することもできます。また、施工が完了すると本来の自動車のボディを保護する役割もあるので、数年後に乗り換えを検討している方の間でも有名なドレスアップ法です。

専門会社があるので依頼すると希望通りに仕上げてもらえますが、ラッピングシートは高品質なフィルムを使うと初心者でもキレイに貼ることは不可能ではありません。ボンネットだけ、ルーフだけ、ドア半分だけなど一部に施工する方法と、全塗装のようにボディをすべて施工する方法にわかれます。

どちらにしてもDIYで行う以上は、それなりの知識とテクニックが必要とされ、ラッピングシートの他に表面に傷がつかないフエルトが取りつけられているスキージーの準備、霧吹きを用意することはポイントでしょう。

水張り工法は比較的簡単に行うことができ、ボディとシートの両方に霧吹きで水を付着させてから、専用スキージーで水や気泡を抜く作業です。曲面部にはドライヤーの熱で温めることで進化系のフォルムであればキレイに貼れます。水張りをする際には、位置決めをしやすくするメリットや、やり直しが可能な状態にできるので、プロでも活用することがあるテクニックです。

車体すべてをデザインするラッピングは専門会社の力が必要です

一般的に市販されているカーラッピング用のフォルムにおいては、大手ECサイトを利用すると希望するシートを購入できます。しかし、オリジナルデザインで施工をしたいと考える方は、プロに任せることが必要でしょう。たとえば、ボンネットやドア、ルーフ、バンパーをすべてつながりのあるデザインに仕上げる場合、元となるデザインのデータを入稿する必要性があります。

進化をしている現在では大型の印刷機により、入稿したデザインの通りにキレイに印刷業務を行ってもらえるでしょう。カーラッピングに対応している会社のほとんどが貼りつけ作業も引き受けているので、キレイなコンディションを保てます。

気になるカラーに対してもフルカラーで対応していること、インクジェット印刷機を活用することで細かな色の変化も表現できます。グラデーションを施しても原画と同様に印刷できることは進化した証しでしょう。この作業に対応する企業に依頼することは普通車の他、営業車やバスなどに対しても仕事を引き受けていることと、施工するスタッフの技能が高いこともメリットになります。

 

カーラッピングは進化を遂げており、以前は表現できなかった色や質感を豊富に用意していることが多いようです。品質のよい素材を選べばDIYでの作業でも可能な範囲は充分にあります。しかし、車体全体をラッピングする際には、印刷から施工まで一貫したサービスを行う専門会社の利用は推奨できます。施工実績が多く、品質の高いフィルムを採用する会社であれば、施工後も長く使い続けられるでしょう。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧