カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングにかかる費用を安く抑える方法について解説!

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/05/23


これから自分の車をおしゃれにしたいと考えている人は、カーラッピングを始めましょう。自分の個性を発揮できるだけではなく、注目を集めることも可能です。自分でラッピングすることもできますが、おすすめは業者に依頼することです。少しでも費用を抑える方法を紹介するので、今後の参考にしてください。

カーラッピングにかかる費用の目安

自分でラッピングする場合の費用と、業者に依頼した場合の費用は大きく異なります。自分でラッピングできる技術力があれば問題ありませんが、少しでも不安を抱えている人や、ラッピングに時間と労力を割くのが難しい人は、業者に依頼しましょう。

カーラッピングとは

ステッカーを車両に貼り付けることを指します。最近は、公共バスだけではなく、個人の車に貼り付けられるようになってきました。また、色やデザインを気軽に変更できるようになっています。海外ではプロモーション手法の定番として身近な存在となっています。日本でも、企業の社用車にロゴやイラストなどのステッカーを貼り付けているのを見かけますが、海外ではさらに普及が進んでいます。

車体を保護できるメリット

ステッカーを車両に貼り付けることで、車に傷をつけるのではないかと考える人もいるでしょう。実は、車体を保護できるようになっています。飛び石や紫外線などから車を保護できるので傷がつきにくくなっています。

塗装よりも価格が抑えられるメリット

一般的に塗装よりも価格を抑えられるようになっています。費用をできる限り抑えたい人におすすめです。業者に依頼しなくても、自分で材料や道具などを揃えてラッピングできますが、技術に自信が無い人は業者に依頼しましょう。

好きなデザインにできるメリット

細かい柄やメタリックカラーを表現したい人におすすめです。塗装では実現できないデザインを好きなように楽しめます。デザインのバリエーションが豊富で、何度も色やデザインを変更できる気軽さも人気を集めている理由です。

部品交換のときに役に立つメリット

中古車の部品を交換するときに、同じ色の部品が調達できないときがあります。しかし、このような場合にカーラッピングをすれば、同じ色の部品が調達できなくても目立たなくなります。そうすることで、リーズナブルに部品交換も可能です。

自分でラッピングする場合の費用

業者に依頼しなくてもラッピングできます。軽自動車を自分でラッピングした場合の費用は15万円~となっています。材料と道具を準備すれば自分でも取り組めますが、フィルムにシワができてしまう、綺麗に貼り付けられない、フィルムが破れてしまうなどのトラブルに見舞われる恐れがあります。

そのため、技術力に自信が無い人は避けたほうが良いでしょう。また、フィルムを貼り付ける前の下準備にも時間と労力が発生するので、1つずつの工程を丁寧に取り組める人におすすめです。

業者に依頼した場合の費用

こちらの費用は33万円(税込)~となっています。ただし、車種やラッピング方法により費用の負担額が異なります。

ドアミラーは1万7,600円(税込)~、輸入車のフルラッピングは71万5,000円(税込)~などとなっているので、目安として33万円(税込)以上の費用を負担することになると覚えておきましょう。

自分でラッピングするよりも費用は高額になりますが、完成度が高いので品質の高さを求めている人におすすめです。また、納期をきちんと守ってくれるので、納車を希望するときに間に合うようになっています。

カーラッピングにかかる費用を安く抑える方法

少しでも費用を抑えたい人は参考にしてください。初めて取り組む人は、部分マーキングから始めてみると良いでしょう。

部分マーキングにする

車種やラッピング方法により費用の負担額が異なるので、できる限り費用を抑えたい人は部分マーキングにしましょう。使用するフィルムの面積を小さくすることで費用を抑えられるだけではなく、車体のボディの色を活かしたデザインも楽しめるようになります。

また、一度に多くの箇所をマーキングするのではなく、ドアミラーのみ、ドアのみというように、少しずつラッピングを楽しむこともできます。

発注する数量を増やす

複数台のラッピングを希望している場合は、同時にサービスを利用しましょう。1台あたりの費用を抑えられます。

近隣の業者に依頼する

カーラッピングを業者に依頼するときは、自分で車を業者のもとに持って行く方法と、業者に引き取りに来てもらう方法の2つになります。いずれの場合でも、余計な費用を発生させたくありません。

自分で車を業者のもとに持って行った後は、公共交通機関などを利用して帰宅しなければいけません。徒歩で気軽に向かえる場所であれば問題ありませんが、そうではない場合は交通費を負担することになります。

また、業者に引き取りに来てもらう場合は、出張費が発生する可能性があります。このような費用を抑えるために、近隣の業者に依頼しましょう。

自社でワンストップサービスを提供してくれる業者に依頼する

デザインの印刷から施工までをワンストップサービスで提供してくれる業者を選択しましょう。たとえば、デザインを印刷する業者と施工する業者が異なる場合、品質に問題が無くても費用が高額になる可能性があります。自社で専門的なノウハウを保有している業者をおすすめします。

高品質の材料を扱っている業者に依頼する

安い材料を使用すると、すぐにフィルムが剥がれてしまう恐れがあります。また、剥離するときに車体に傷がついてしまう恐れもあるので、できる限り安い材料を使用している業者は避けましょう。初期費用を抑えられるのでメリットがあるように感じますが、メンテナンスなどのランニングコストがかかってしまいます。業者を選択するときに、どのような材料を使用しているのか確認してください。

カーラッピングを行う上での注意点

4つの注意点を紹介します。寿命の目安を知っておきましょう。カーラッピングの後は洗車するなどして、車を綺麗な状態に保つように心がけます。

寿命はおよそ3~5年

車の使用状況、洗車回数、保管場所などにより寿命は異なりますが、参考までに知っておきましょう。また、フィルムを剥がすときも費用が発生するので、ある程度のまとまったお金は用意しておきましょう。

車にダメージを与えないようにする

寿命はおよそ3~5年ですが、紫外線、雪、雨などの影響により、ダメージが蓄積されてしまう恐れがあります。できる限り屋外の駐車場に車を保管するのは避けましょう。ガレージで管理するのが理想です。また、こまめに洗車するなどして、清潔な状態を維持しましょう。

メーカーにより耐久性が異なる

車の色や柄などにより耐久性が異なります。カーラッピングすることが決まっている場合は、耐久性に優れている車を購入すると良いでしょう。どのような車を購入すれば良いのか分からない人は、業者に相談しましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

業者選びを適当に行ってはいけません。高額な費用を負担することになるので、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。この際、施工事例なども確認すると良いでしょう。

まとめ

カーラッピングを業者に依頼すると、ある程度のまとまったお金が必要になります。しかし、品質が高いので、満足できる仕上がりになるでしょう。自分でラッピングすると、上手にフィルムを貼れないときがあります。技術力に自信が無い人は、業者に依頼してください。また、寿命が3~5年となっているので、少しでも長持ちさせるために、車の保管状況を適切にして、洗車などのメンテナンスは怠らないようにしましょう。フィルムを剥がすときも費用が発生するので覚えておきましょう。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
記事一覧