カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングと塗装の違いを解説!

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/12


車をいつまでも綺麗に保ちたいと考えている場合や、色を変えてみたいといった場合に有益な方法がカーラッピングと呼ばれる方法です。この方法を使えば車をいつまでも綺麗な状態に保つことができますし、また色を変えるにしてもカーラッピングであれば車の価値を失わせることなく行うことができ、時間も少なく済むなどのメリットがあります。

そもそもカーラッピングとは何か

カーラッピングというのはその名の通り車をラッピングしてしまうというので、ボディに特殊なフィルムを貼り付ける行為を指します。少し前までは路線バスやトラックなど商業向けのものが中心に見られたもので、現在では広告宣伝を行うときのスタンダードな方法として用いられていますが、これらを一般の乗用車にも近年では使われるようになっているものです。

仕組みそのものは単純なもので、車の形状に合わせてカットしたフィルムを貼り付けるだけですから施工にかかる時間が非常に短く済みますし、また剥がすことも可能です。

費用についてはそれなりの額となるものですが、従来の色を変えたり表面を保護するための特殊な塗装を行うといった場合にはそれ以上の時間と費用がかかるもので、またそれらに慣れている業者もそれほど多くありませんでしたが、このラッピングという方法であれば多くの業者が参入していますし、また提供されるフィルムについては安定した品質のものが供給されるようになり、複数の業者で同じレベルのサービスを受けることが可能です。

一般の人がカーラッピングをするケース

商業向けに車にラッピングをする理由として製品やサービスを広告するというものがあり、これらができるのもフィルムにインクジェットプリンターを使って簡単に鮮やかな図柄を作ることができることが大きな理由となっています。

一方で一般の人も利用するようになっているこのサービスですが、その場合には2つの理由が考えられるものです。 一つはいわゆる「痛車作り」で、車のボディに好きなアニメや漫画のキャラクターを貼り付けるといったことに使われています。

もう一方は車を保護するという点で使われるもので、主に高級スポーツカーなどで使われているものです。どちらの方向にしても表面にフィルムを貼るため、下地の塗膜は保護される仕組みとなり、はがせば貼り付けたときのような状態に戻すことができるものです。

またインクジェットプリンターなどで図柄を印刷して貼るという方法が多いですが、単色のフィルムをカッティングして貼り付けることにより車に簡単にストライプなどのラインを描くことが可能となりますし、また全体の色を簡単に変えることができます。

ラッピングが塗装より優れるメリットは何か

カーラッピングが登場する以前は、これらの方法は塗装によって行なっていました。塗装の場合には職人の技量が大きく作用し、また色合いについても調色に慣れた人でなければ微妙な色違いとなってしまうもので、必ずしも均一な仕上がりとはなりません。

一方で最も難しいのは図柄を表現する方法で、この場合には塗装を行う人でも専門に行っている人ではないと利用することができず、またその費用も非常に高額なものとなりがちです。その点においてラッピングをする場合には、色調整を行う必要はなく全て機械で行うことができ、また図柄についてもインクジェットプリンターでプリントするため思い通りの物を誰でも作ることができます。

基本的に下地処理をすることは塗装もラッピングも同じですが、施工にかかる時間は非常に短く済むため、それまで完成させるためには一週間以上工場においておかなければならない状況も、数日程度で行うことができ、時間を節約して思い通りの車のボディにすることが可能です。そのようなことから現在では主流の方法となっています。

ラッピングが塗装よりも劣るデメリットはあるのか

ラッピングは必ずしも良い面ばかりではなく、デメリットもあることを留意しておくことが重要です。ラッピングの場合にはフィルムを表面に貼り付けるという形になるため、剥がすことが可能な仕組みとなっています。

一方で塗装も同様ですが、時間の経過とともに色があせてきてしまうもので、多くの色を使うような場合にはこの傾向が極めて大きく出るので、通常の塗装よりもフィルムの場合にはその見た目の悪さが目立ってしまう傾向にあります。

これは道路を走るという性質上仕方のないことで、大抵の場合には利用年数を定めて交換するのが一般的です。 この時に下地処理やフィルムの質が悪ければうまく仕上がれなくなる可能性があり、はがすだけでも一手間かかってしまうケースもあります。

このような点がデメリットと言えますが、塗装の場合には塗ってしまえば簡単にはがれることはできませんか、フィルムを貼り付けるだけの場合にはうまくはがすことができなくても下地の塗装は残るため、車を綺麗に再生しやすくなるためデメリットはそれほど多くはありません。

カーラッピングを行ってもらう業者選び

カーラッピングを行っている業者は近年増えておりその選択肢も豊富となっていますが、大切な愛車を触るため信頼できる業者を選ぶことが重要です。また塗装と比べてそれほど高い技術を求められないのですが、それでも下地処理をしっかりしまたフィルムを正確に貼り付けるといった技術は必要不可欠で、その施工を行っているところを選ぶことがポイントになります。

貼り付けるフィルムの多くは有名メーカーのものが使われるためそれほど品質に大きな差があるものではありませんが、フィルムに模様を付けたい場合に印刷する場合には専用の大型のインクジェットプリンターが必要になりますし、そのインクの良し悪しがその後の耐久性に影響を与えるものです。

一部の業者では印刷だけ外部委託するというケースもありますが、可能であればすべて社内で行っているところを選んだほうが無難で、また施工後に一定の保証期間を設定しているところを選ぶことも確かな技術を持っていると見ることができます。業者によっては得意とする分野が違いますから、施したい車に合わせて選ぶことも重要です。

安さだけで選んではいけないカーラッピング

カーラッピングを行ってもらうときに気になるのが費用で、多くの人は少しでも安いものが良いという傾向にありますが、安さだけで選んでは後になって困ることにもなりかねません。基本的に塗装とは異なり永久に持つものではなく3年から5年程度で交換するのがラッピングの仕組みで、このときにポイントとなるのが剥がした後に可能な限り何も残らない状態であることです。

下地処理がうまくいっていればその剥がすときのトラブルを軽減することができますし、フィルム選びについてもそれらに合わせて行うことが重要となってきます。 単純にラッピングさえすればよいというものではなく、そのような将来的なことも考えて行うことが重要で、安いだけではその効果を発揮することはできません。

一方で高いからといって良いものではなく、経験と実績を見て車にとって最も良い選択をしてくれる業者を選ぶことが重要です。 また均一料金だけで利用するよりも実際に車を見てもらい、かかる費用を見積もりで出してもらうことが重要になってきます。見積もりを出してもらわなければならない理由としては車一台一台の形状が異なり、それによって貼るフィルムの面積も変わってきますしカットする枚数も変わってくるためです。

 

現代では塗装よりもカーラッピングを選んで行う人が増えています。塗装よりも多くのメリットがあるものですが、一方でカーラッピングにはその費用も発生するため車にとって良いものを選ぶことが重要ですし、将来的にその車を売却したいと考えた場合にもそれらはカーラッピングの施工の良し悪しが影響を与えてくるものです。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧