カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングを行うデメリットはある?

手軽に行なえるカーラッピングは評価されていますが、実はデメリットもあるので十分に考えて利用しなければいけません。

特徴を理解してから行えば問題になりづらく、良い形で車の見た目を変えられるので効果的です。

 

劣化する時もあるカーラッピング

 

特別なフィルムを貼って行うカーラッピングは便利ですが、使われている製品によっては問題が起こります。

フィルムには多くの種類が存在していて、太陽の光に弱いタイプのものも存在しています。太陽の光に弱いタイプを使っていると、かなり短い期間で劣化してしまうので気をつけなければいけません。

安心して利用したい場合は耐久性が十分にある製品を使うと、問題なく利用できるので効果的です。車の表面にフィルムを貼る時は性質を詳しく調べて、どのようなリスクがあるか知っておく必要があります。

太陽の光に弱いタイプを使った時は、日光の当たらない所に車を保管するなどの対応をしなければいけません。また車を使う時は表面にワックスをする方もいますが、このようなものを使うとフィルムがおかしくなる場合があります。

使われているフィルムは特殊なものなので、ワックスをする時は注意すべきです。ワックスには特別な成分が含まれていて、車や表面の塗装を守る効果を持っています。しかしフィルムに対しては対応していないため、ワックスを使った時にどうなるか分かりません。

使う製品によってフィルムへの影響が変わるため、利用する時は問題がないものを選ぶべきです。フィルムに悪影響を与えない製品を選んでおけば、安心してワックスを利用できるようになります。

カーラッピングで起こりやすい劣化のトラブルは、使うフィルムによって違いが出やすいです。耐久性の低いものを利用していると、ちょっとしたことですぐにおかしくなります。

性能の良いものを使えばある程度は問題を起こさずにすみますが、数年程度たつと劣化してしまう場合があります。塗装と違って長期間利用できる方法ではないため、ある程度たったらもう一度フィルムを貼り直すなどの作業がいります。

古くなったフィルムを貼り替える作業は案外難しく、手間と時間がかかるので気をつけなければいけません。自分で行うのが難しそうならば、専門会社に依頼して対応してもらう方法もあります。

車の見た目を簡単に変えられる便利な方法ですが、デメリットもあるので良く考えて行わなければいけません。問題点を理解してから利用すれば、安心して車の見た目を変えられます。

 

カーラッピングを古い車に行う時の問題

 

車の見た目を変える時に利用できるカーラッピングは便利ですが、新車に対して行うならば殆ど問題は起こりません。

新しい車ならば塗装もしっかりしているので、表面にフィルムを貼ってもトラブルが起きる可能性は低いです。

ただ古い車だと問題が起こる時があるため、フィルムを貼る時は注意しなければいけません。

かなり前に作られた車は表面の塗装がはがれやすくなっていて、フィルムを貼るとトラブルが起きやすいです。塗装がはがれやすくなっている古い車にフィルムを貼ると、それが原因で塗装がおかしくなる時があります。

例えばフィルムの影響で塗装がはがれるなど、大きな問題になるので気をつけなければいけません。また貼ったフィルムはある程度の期間がたったらはがさなければいけませんが、古い車だと問題が起こりやすいです。

塗装の状態が良くない古い車は、フィルムをはがす時に塗装まではがれる時があります。カーラッピングは便利な方法ですが、古い車に対して行う時は注意しなければいけません。特に塗装のトラブルが起きやすいため、本当にやって良いのか十分に確認する必要があります自分で行って良いか判断できない場合は、専門会社に相談する方法もあります。

十分に経験のある会社に仕事を依頼できれば、自分の車に利用できるか分かるので安心して仕事を頼めます。古い車にフィルムを貼る時は、場合によっては塗装し直してから行うやり方もあります。

一度塗装をし直しておけば表面にフィルムを貼っても問題になりづらいので、安心して必要な作業を行えます。

車にはフィルムを貼ると問題が起こりやすい場所もあって、熱を持ちやすい所の近くで使う時は注意がいります。作業で使われるフィルムは丈夫にできていますが、高い熱を受けると劣化する場合があります。

安心して使いたい場合は熱を受けづらい所に利用して、問題が起こらないようにするのが大切です。トラブルが起きないようにカーラッピングを行えれば、安心して車の見た目を変えられます。

新しく買った車や中古でも比較的最近のものならば、フィルムを貼っても問題が起こる可能性は低いです。しかしかなり前に作られた車で塗装し直していないものに行う時は、表面の塗装がはがれる可能性があるため気をつける必要があります。

 

実ははがしづらいカーラッピングのフィルム

 

自分でも行なえるカーラッピングは便利ですが、フィルムを貼る時は特別な接着剤を使います。

接着剤は高い性能があるのでメリットがありますが、はがす時に問題になる時もあります。車に貼るフィルムは数年程度たつと劣化してしまい、そうなった時は一度はがさなければいけません。

はがす作業は簡単にできそうですが、実は手間がかかりやすく負担が大きいです。自分で行う方法もありますがかなり大変なので、はがす作業は専門会社に頼んだ方が問題になりづらいです。

仕事を依頼すれば代わりに作業してくれるため、車の表面のフィルムを取り除いてくれます。フィルムをはがすのが難しいのは丁寧に行わないと、下にある塗装を傷つけてしまうからです。

塗装に傷がついてしまえば大きな問題になるので、はがす作業をする時は気をつけなければいけません。耐久性が高く数年程度は保つカーラッピングですが、車に接着剤でつけるのではがすのは大変です。

普通に行うと長時間の作業が必要になるので、どのように行うか良く考えておかなければいけません。また特別な方法でフィルムを貼った場合は、自分ではがす作業ができない場合もあります。

例えば専門会社に仕事を依頼して、車の内部までフィルムを貼った時は普通の方法では対応しづらいです。場合によっては車を分解して作業しなければならず、特別な設備のある所でないとはがす作業ができない時があります。

フィルムをはがすのはかなり大変な作業なので、サービスを利用する場合は十分に考えるべきです。自分で作業を行うのが難しいと感じた時は、専門会社に相談すればすぐに対応してくれます。

設備の整った所ならば短時間でしてくれるので、手間がかかりやすい作業でもすぐに終わります。簡単に見た目を変えられるこの方法は便利ですが、表面に貼ったフィルムへの対策をしなければいけません。

はがす時の負担は大きく長時間作業をしないと、元の状態に戻せない場合もあります。フィルムを貼って車の見た目を変えたい時は、いずれはがすことを考えて対応しておくべきです。どのようにするか考えてから行えば、問題なく車の見た目を良い状態にできます。

 

フィルムを貼るだけで車の見た目を変えられるカーラッピングは、自分でも作業ができるので人気を得ています。

ただ使われるフィルムは数年程度で劣化しやすく、定期的に貼り替える必要があるので注意しなければいけません。貼り替えの作業をする時はフィルムをはがしますが、古い車だと問題が起こりやすいので気をつけて作業をすべきです。

はがす作業自体もかなり手間がかかるため、自分で行うのが難しい時は専門会社に相談すれば代わりに対応してくれます。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房のメイン画像
第3位 カーロ
第4位 GRAD
第5位 G-DESIGN