カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーフィルムはどう選ぶ?種類や選ぶときに重視すべきポイントをご紹介

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/03/09

これからカーフィルムを貼り付けて車をアレンジしたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。カーフィルムは4種類あるので、自分の目的を達成できる商品を選択しましょう。また、カーフィルムを選択するときに、可視光線の透過率を知っておく必要があります。今回の記事を参考にしてください。

カーフィルムの種類

4種類のフィルムがあるので、それぞれ特徴を見ていきましょう。

車の窓ガラスに貼り付けて使用する

車内の様子を外部の人に見られないようにするために、カーフィルムは使用されています。それだけではなく、紫外線をカットして日焼けを防止する効果や、赤外線をカットして断熱性を高める効果もあります。カーフィルムは、車の窓ガラスに貼り付けて使用するので簡単です。

スモークフィルム

こちらのフィルムは、外部の人から車内の様子が見えにくくなるのが特徴です。プライバシーを保護できるので、盗難予防にもつながります。

クリアフィルム

こちらのフィルムは、視界を遮ることなくUVカットできるのが特徴です。透明のカーフィルムなので、運転席や助手席にも使用できます。

ミラーフィルム

こちらのフィルムは、断熱性能に優れています。マジックミラーのような構造になっているので、外部の人が車内の様子を見ることは困難ですが、車内から外部の様子は問題なく見えます。

カラーフィルム

こちらのフィルムは、車内をドレスアップできます。一般的には黒やグレーのカーフィルムが使用されていますが、青色、グラデーション、黄色などの豊富なバリエーションを楽しめるようになっています。

カーフィルムの選び方

自分がどの波長を優先してカットしたいのか決めてから商品を選択しましょう。

可視光線・赤外線・紫外線のカット率で選択する

どの波長をカットしたいのか考えてから商品を選択しましょう。この際、すべてのカット率が優れている商品は魅力的ですが、そのぶん予算も高額になりがちです。

そして、美容面や健康面で考えると、紫外線や赤外線はカットしておきたいところなので、どの商品を選択すればよいのか分からない人は業者に質問してみましょう。

可視光線の透過率は運転席と助手席は70%以上

スモークを濃くすることで、プライバシーを保護できるので盗難予防にも役立ちます。ただし、運転席と助手席は70%以上の透過率と法律で定められています。フロントガラスにカーフィルムを貼っても問題ありませんが、透過率が70%未満の場合は車検に通らないので注意しましょう。

また、車検に通った場合でも経年変化で透過率が変化することがあるので、気になる場合は業者に確認してもらいましょう。

車内温度の上昇を防ぐ赤外線

赤外線のなかでも中赤外線が暑さと関わっているので、中赤外線をカットできるカーフィルムを選択しましょう。車のエアコンの稼働時間を短くできるでしょう。

日焼け防止に期待できる紫外線

車内で長時間のドライブを楽しんでいると、いつの間にか日焼けしていることがあります。日焼けを防止するためには、紫外線をカットすることが大切です。また、シートの日焼けを防止できると色落ちを防げるのでおすすめです。

カーフィルムを選ぶときに重視すべきポイント

透過率について知っておくと、自分の目的に応じたカーフィルムを選択できます。また、紫外線と赤外線のカット率は高いものを選択しましょう。

透過率5%の場合

こちらはダークスモークとよばれています。外部の人が社内の様子を確認するためには、車に接近しないと確認できません。プライバシーを保護したい人におすすめです。ただし、夜間の運転には適していません。

透過率15%の場合

こちらは人気を集めています。車内が暗すぎることがなく明るすぎることもないので、バランスが整っています。ほどよくプライバシーも保護できるようになっています。

透過率20%の場合

こちらは、外部の人は車内にいる人影を認識できますが、表情まで確認するのが難しくなっています。車内から外部の様子は見えやすくなっています。

透過率30%の場合

こちらは、国産車のプライバシーガラスの濃さとなっています。外部の人は、車内にいる人の表情が辛うじて見えるようになっています。車内から外部の様子はまったく問題なく見えます。

透過率45%の場合

こちらはプライバシー効果がほとんど期待できません。透過率よりも赤外線や紫外線をカットしたい人におすすめです。

紫外線カット率99%は当たり前

最近では、紫外線カット率100%の高性能商品も販売されているので、紫外線カット率99%の商品が珍しくなくなってきました。時代の流れとともに商品の性能は向上するので、よりよい商品を求めていきましょう。

赤外線カット率92%以上の商品を選択する

こちらのカット率が高くなればなるほど、断熱性に優れていることになります。暑さ対策に万全を期したい人は、赤外線カット率92%以上の商品を選択しましょう。

おすすめのカーフィルム

さまざまな商品が販売されています。初心者から上級者まで飽きないようになっているので楽しみましょう。

カット済みカーフィルム

あらかじめカーフィルムが車種ごとのサイズにカットされている商品があります。こちらは、不器用な人やカーラッピングの時間を短縮したいと考えている人におすすめです。

こちらのメリットは、自分で車のガラスのサイズを計測する必要がないことです。どのフィルムをどの部分に貼ればよいのか記載されているので、その通りに取り組むだけで簡単に貼り付けられます。

そして、型取りに失敗しないので材料を無駄にすることもありません。初心者もこちらがおすすめです。フィルムのカラーは14色から選択できるようになっているので、自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

初心者も挑戦しやすいカーフィルム

興味はあるけど、カーフィルムに挑戦するのに勇気が必要と思っている初心者の人にもおすすめできる商品があります。初心者は色合いを気にする人が多いので、違和感なく楽しめる色合いを用意しています。

青紫系のオーロラのような色を楽しめるだけではなく、季節によって見える色が異なるので、オールシーズン楽しめるようになっています。赤外線もカットしてくれるので、車内の温度が上昇する夏場でもエアコンの稼働時間を抑えられるでしょう。

傷が付きにくい紫色のカーフィルム

派手さはありませんが、おしゃれな印象を与えられるカーフィルムがあります。このような商品は、太陽の光が当たるとぎらぎらと光るような印象はありませんが、紫色の綺麗な色が現れるので、ほかの人とは異なる演出を楽しみたい人におすすめです。綺麗に反射するようになっているので、きちんと発色するようになっています。

また、傷が付きにくいカーフィルムとして販売されているので、不整地を走行することが多いときには安心です。たとえば、休日に河川敷の不整地を走行してフットサルを楽しむ人や、キャンプ場に出かけてアウトドアを楽しむのが趣味の人におすすめです。不整地を走行していると、小石が飛んでくることもあります。予測不能なトラブルに巻き込まれることもあるので安心です。

まとめ

おすすめのカーフィルムはほかにもたくさんあるので、自分がどのような商品を求めているのか業者に伝えてみましょう。カーフィルムを貼り付けるだけで車の印象が変化します。車のドレスアップ効果を期待している人におすすめです。

また、プライバシー保護や盗難防止の観点から取り組むことをおすすめします。車内の様子を外部の人から見られたくない人は、カーフィルムを貼り付けるだけで悩みが解消されるでしょう。そして、ドライブを楽しんでください。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
記事一覧