カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピングを依頼しているときに代車は借りられる?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/12

カーラッピングのフィルムは短時間で貼り付けることができるものではないので、業者にまずは車を預けて作業してもらわなければなりません。ではその間、作業が完了して手元に車が戻ってくるまで車がない状態になってしまうのでしょうか。それとも代車を業者に借りることができるのでしょうか。

作業にだいたい何日ほど要するのか

実際に業者にカーラッピングを依頼する場合は、まずは問い合わせをして見積もりを出してもらい、その結果納得できれば依頼するという形で進められていきます。カーラッピングにはいろいろな種類があり、その一つは車のボディ全体をフィルムでシッカリと覆ってしまうものです。

また全体にフィルムを貼るだけでなく、部分的に覆うものもあり、好きな色のフィルムを利用して、車を部分的に色を変化させることができます。どちらのタイプにしたいかは依頼主が選ぶことができるようになっていますが、貼るスペースが違ってくるので、作業に要する時間にも違いがあります。

車のサイズによっても貼る面積はかなり変わってくるため、作業の日数に関してはどの車でも同じ日数というわけではありません。ただこれらの作業をする場合は、だいたい5日から10日程度が必要となる場合が多くなっています。また、ラッピング自体は単色のフィルムを利用してもおこなえますが、最初にフィルムの上にグラフィックを印刷してからラミネート加工をするタイプもあります。

この場合は単色でおこなうときよりも少し施工日数がかかり、だいたい一週間から12日程度が必要となっています。また、色を変えるだけでなく、車のボディに傷をつけたくない、つまりダメージを防止したいという目的でラッピングを活用することもできます。

ただこれに関してはどの範囲にラッピングを施すかによってもかなり日数が変わってくるため、短い時間で終わる場合もありますが、一週間以上必要となる場合も珍しくありません。このように、カーラッピング自体はただ単に車のボディの色を変えたいときにも活用できますが、傷予防のためにも活用可能です。したがって、実際にどれくらいの日数が必要かというのは、見積もりを出してもらうときに業者に問い合わせて、だいたいの日数を教えてもらうと良いでしょう。

代車は用意してもらえる場合が多い

全く乗らない車であれば、数日間くらい手元になくなったとしても困ることはありませんが、普段自分の移動手段として利用している場合は、車がなくなってしまうと困るのではないでしょうか。

例えば車検とか車の修理の場合は、依頼した業者に代車を貸してもらうことができるようになっていますが、カーラッピングも同様に車を貸してもらうことは可能です。だから手元に車がなくなってしまったからと言って、自分でレンタカーを手配する必要は全くないので、心配は不要です。

ただ、代車に関するルールはその業者によっても全く違っており、無料で貸してくれるところもあれば、1日何円と金額を決めて貸してくれるところもあります。もし代車を利用したいというときは、まずは有料なのかそれとも無料なのかというのをシッカリと聞いておくようにしましょう。

また、借りられる日数は限られており、いつまでもずっと借りていることができるわけではないので、契約期間が終了したらすぐに返却する必要があります。また、これはカーラッピングのときに代車を借りた場合に限らず、車検や修理のときに借りた場合にも言えることですが、ガソリンは入れて返却するのがマナーです。

もちろん、満タンに入っている場合であれば、業者に返却するときはしっかりと満タンにした状態で返却するようにしましょう。しかし中途半端にしかガソリンが入っていない場合は、もちろん満タンにして返却する必要は全くありません。あくまでも借りたときの状態に戻すだけで良い、つまり自分が利用した分のガソリンを入れて返却すれば良いことになっているからです。

ただガソリンに関してもルールは業者によって大きく違っている場合も決して少なくなく、自分の感覚で対応してしまうとルール違反となることもあり得ます。このようなことにならないようにするためにも、あらかじめガソリンの補充に関しては業者にしっかりと聞いておくようにしましょう。

代車を借りているときにもし事故を起こしてしまったら

カーラッピングの作業を依頼した場合、基本的には業者のほうから代車を借りることができるようになっています。ただ、どの業者でもこのサービスを展開しているわけではなく、中にはレンタカーの紹介をしてくれるところもあります。

もし代車を貸してもらうことができたら、自分の車を運転するときのように安全運転に心がける必要がありますが、なんらかの理由で事故を起こしてしまうこともあるでしょう。そんな場合、どのようなタイプの保険に加入しているかによっても変わってきますが、利用者のほうも費用を負担しなければならない場合が多いというのも知っておきましょう。

業者にとって自動車保険に加入している場合と加入していない場合があり、加入していない場合は大きな額が請求されることになるので注意が必要です。もし業者の保険を利用できないというのがあらかじめわかっている場合は、個人で保険に加入する方法というのも存在しています。

自分が自動車保険に加入している場合は他車運転特約を利用すると、自分以外の車を運転したとしても保険を適用してもらうことが可能です。保険の内容自体はすぐに変更してもらうことができるようになっているので、不安な場合はこのように内容を変更しておくことをおすすめします。

また、事故は起こしていなくても、車を利用していればもしかしたらボディに傷が付いてしまうということもないわけではありません。駐停車しているときにだれかに傷つけられてしまう可能性もあり、自分が加害者ではないのに傷がついてしまうこともあり得ます。

この場合、そのままにしておくともしかしたらトラブルになってしまう可能性があるので十分気をつけましょう。返却時に関しては契約書を見せてもらうことができるので、その内容にはしっかりと目を通しておくことをおすすめします。

またその契約書の内容は、代車が有料の場合と無料の場合で違っていることが多く、さらにかなり細かく書かれている場合も少なくありません。車を借りられるラッキーというのではなく、トラブルを起こさないためにもあらかじめ業者に聞いておくのも良いでしょう。

 

カーラッピングを利用すると、塗装するのよりももっと手軽に車の色を変更することができるようになります。ラッピングの作業自体は車体全体におこなう場合と部分的におこなう場合、さらに印刷する場合や傷防止の目的でおこなう場合で内容が変わります。だからその作業を終えるまでに要する時間も大きく変わるため、だいたい5日から二週間程度の時間がかかる可能性があると理解しておきましょう。

業者によって代車の準備は違っており、無料で貸してくれるところ、有料で貸してくれるところ、レンタカーを紹介してくれるところに分かれます。利用する場合は期日を守って返却し、返却時は借りたときの状態に戻す必要があるので、ガソリンも給油しておきましょう。また利用の際に事故を起こしたり傷をつけてしまうとトラブルの原因となりうるので、契約内容を確認して保険にも必要に応じて加入しておくと安心です。




サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
のらいも工房の画像
ジャスティスの画像
第3位 カーロ
カーロの画像
第4位 GRAD
GRADの画像
第5位 G-DESIGN
G-DESIGNの画像
記事一覧