カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

アドトラックの料金相場と効果・デザインを解説!

公開日:2023/09/01  最終更新日:2023/06/22

カーラッピング アドトラック

視覚にも聴覚にも訴えられるアドトラックを活用して、自社の魅力をPRしたいと考えている人に、料金相場やデザインなどについて紹介します。視覚と聴覚で人々に訴えるので、サービスを利用するときの料金は高額になりますが、コストパフォーマンスを高くするための工夫を怠らなければ、高い宣伝効果が期待できます。

アドドラックの料金相場

それぞれの料金相場を見ていきましょう。走行する期間が長くなると、そのぶん費用は高額になります。

4t車の料金相場

4t車が最も人気を集めています。全長がおよそ9mあるので、広告面が広くとれるようになっています。こちらよりも大きいサイズのトラックも存在しますが、サービスを利用するときに費用が高額になってしまうので、4t車を選択する人が多いのが現状です。

7日間サービスを利用したときの料金相場は100~200万円となっています。

40フィートトレーラーの料金相場

こちらは、広告面が40フィートあるので、4t車よりも広い面積を確保できます。7日間サービスを利用したときの料金相場は350万円となっています。

2t車の料金相場

こちらは、トラックタイプのなかでは一番小さいサイズになります。全長はおよそ5mなので小回りが利きます。そのため、狭い道路も走行できるので、地元密着型の企業がPRするときに用いられることが多くなっています。7日間サービスを利用したときの料金相場は60万円となっています。

そのほかに必要となる費用相場

まず、デザイン費が発生します。自社でデザインしても問題ありませんが、その場合は持ち込み料が発生するので注意しましょう。また、左右でデザインを変更する場合は費用が高額になる可能性があります。4t車の場合は15~20万円、2t車の場合は10~15万円となっています。

次に、音源製作費が発生します。持ち込みの楽曲を使用することも可能ですが、著作権には気を付けなければいけません。こちらも自社で作成した音源を使用する場合は、持ち込み料が発生します。料金の相場は3~10万円となっています。

アドドラックは視覚と聴覚に訴えかける広告

聴覚にも訴えられるようになっているので、広告できる時間が視覚のみで訴える場合と比較して長くなります。

広告宣伝カーとして認知されている

バス、トラック、公用車などにラッピングフィルムを貼り付けて、企業がPRしているのをよく見かけますが、その場合は人々の視覚に訴えるものなので、注目されなければ見てもらえません。バスやトラックが付近を走行した後に、広告が視界に入る場合もあるでしょう。

そのため、チャンスを逃しているときもあります。アドトラックは、バスやトラックにラッピングフィルムを貼り付けているだけではなく、音響システムも搭載しています。そのため、夜間でも広告面が光るような仕掛けや、音を鳴らしながら車道を走行できるようになっています。

ですから、人々はアドトラックが自分の目の前を走行する前から、音でアドトラックの存在を認識できるようになっているのです。そして、視界にアドトラックが入ったときに広告面を見るようになるのです。そのため、広告できる時間がラッピングフィルムを貼り付けただけの場合よりも長くなります。

そのぶん、宣伝効果が高くなるのでおすすめです。また、夜間でも広告が見えるようになっているので、人通りが多い場所や、夜遅くまで店舗を営業している繁華街などでは効果が期待できるでしょう。

コストパフォーマンスを高くするための工夫が必要

まず、アドトラックが走行する場所を考えなければいけません。音響システムが搭載されているので、一般的なトラックが道路を走行するよりも目立ってしまいます。そのため、閑静な住宅街には不向きでしょう。また、アドトラックを走行するときに、守らなければいけない規制があるので確認しましょう。

次に、走行する時間帯を考えます。たとえば、ナイトワークの宣伝効果を期待している場合、日中の時間帯に走行させるよりも、夜間に走行させるほうが有効でしょう。このように、アドトラックを制作したのでコストパフォーマンスが高くなるのではなく、工夫することでコストパフォーマンスが高くなります。

そして、時間単位やエリア単位で走行できるようになっているので、ガソリン代や人件費などの費用面も考慮しながら、費用対効果が高くなるように工夫しましょう。

プロモーションにも有効

自社のPRに活用できるだけではなく、全国規模のイベントの開催告知や全国公開の映画の宣伝などにも使用できます。たとえば、首都圏でイベントが開催される場合は、首都圏の繁華街でアドトラックを走行させると、タレントのファンが広告に注目します。

そして、チケットの購入や友人などに情報を拡散するなどの行動を取ってもらえるでしょう。視覚と聴覚に訴えられるこちらの方法は、より人々のなかに記憶として定着するので、広告を見た後に行動を促せます。すぐに広告効果が得られやすいといえるでしょう。

SNSで拡散されるようになっている

アドトラックの写真を、人々がSNSに投稿することが多くなっています。投稿が拡散されると注目を集めるようになるので、道路を走行するときは規制を守るようにしましょう。警察署に道路通行許可申請を出す、広告のデザイン審査を受けるなどの事前準備を怠らないようにしてください。

アドドラックのデザインにはどんなものがある?

人々から注目されるデザインになっているだけではなく、その後に行動を起こせるようなものになっています。

注目を集めるデザイン

視覚にも聴覚にも訴えかけるデザインが必要なので、個性的なカラーやイラストを活用しています。アドトラックを活用する企業の目的は、サービスや製品の集客や認知です。集客を目的としている場合は、企業名や連絡先などを大きく掲載して、アドトラックを見た人に行動を促すようにしています。

認知を目的としている場合は、停車しているときに記載されている内容に目を通してもらえるように、必要事項を記載している場合があります。

視認性を意識した広告

面積の広さを活かして、10~20m先から見ている人にも内容が伝わるようなデザインになっています。そのため、写真、イラスト、文字のバランスを適切にし、アドトラックを見た人に興味を持ってもらえるようにしています。アドトラックは車道を走行しますが、歩行者は歩道を移動するので、ちょうど見やすい距離から広告を見てもらえます。

オーダーメイドのデザイン

自社のロゴマークを入れることや、自社のイメージカラーを採用するだけではなく、視認性が高い色を採用することも可能です。また、業者にはデザイナーが在籍しているので、自社でデザイン制作のスキルが乏しい場合は、業者にデザインを依頼できます。

デザイン費が高額になりますが、これまでのイメージを大きく変えるような良い案に出会える可能性があるので、積極的に作成を依頼しましょう。この際、顧客の要望に沿ったかたちでデザインを提案してくれるので安心してください。

そして、文字、写真、イラストだけではなく、QRコードやARコードなどの埋め込みも可能なので、アドトラックを見た人が、企業名をインターネットで検索するのではなく、埋め込まれているQRコードやARコードを読み込んで調べられるようになるでしょう。

まとめ

注目されるデザインと音響を活用して、自分が望んでいる結果を得られるようにしましょう。アドトラックは注目を集められるので、短時間で多くの人に認知されます。そのぶん、規制が厳しくなっている地域もあるので、アドトラックを走行する前に手順を踏んでおきましょう。また、予算の範囲内で運用できるようにシミュレーションしてください。

サイト内検索
カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!
記事一覧