カーラッピングやプロテクションフィルムの施工依頼におすすめの専門店5選をご紹介!【口コミでも評判の業者】

カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!

高級車だけでなく、痛車やショーカーにもおすすめの業者情報を集めました!

カーラッピングやプロテクションフィルムの施工業者選びでお困りではありませんか?

私は自分の愛車にフルラッピングをお願いできる業者を探していたのですが、情報をあまり開示していないところが多く、どこに頼めば良いのか途方にくれていました。

さらに、ホームページの記載では料金や納期がどの程度かかるのか不明瞭であることが多いため、仕方なく実際に問い合わせをしたり、お店に直接行ってみたりとあらゆる方法で業者を吟味することになったのです。

自分でも調べるのに時間を掛け過ぎたかと思いましたが何しろ大事な愛車を預けることになるので、とても慎重になっていました。その結果、ようやく自分がラッピングをお願いしたいと思える業者を見つけることに成功したのです!

そして、調査の過程で、カスタムだけでなく痛車制作や高級車を保護したいと考える方など多くの方にも役に立つ情報が集まりましたので、このサイトで公開することにしました。

高品質で信頼できる施工を行う業者を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

カーラッピング・プロテクションフィルム業者おすすめ5選!

高級車も痛車も、幅広い対応力の確かさが高評価!

このランキングを作成するにあたって数多くのカーラッピング業者を調べましたが、その中でも私がとくに高評価し、ランキング1位にしたいと考えたのは、神奈川県川崎市の「のらいも工房」です。

この業者についてまず評価したいのは、痛車であろうと高級車であろうとあらゆるジャンルに対応できる幅広さ、そして公式HPにその制作過程がはっきり公開されていることからわかる、実績の確かさと技術力の高さです。

公式HP上では金額を公開していないカーラッピング業者の中でも、電話できちんと概算の施行金額などを丁寧に教えてくれたので交換が持てました。(納期に関しても親切に教えてくれたところも高評価です)。

私が次に依頼する際も、ぜひこの業者に頼みたいなと思わせられたほどです!

高級車、スポーツカーの加工が得意な関西の業者

惜しくもランキング2位となったのは、大阪府門真市岸和田区の「ジャスティス」です。

この業者に関する一番の特徴は、ハイグレードな高級車やスポーツカーのラッピング加工に大きな強みを持っているということ。

いわゆる「痛車」の実績は公式HPにおいてほとんど公開されてはいないようですが、その分高級車の施工事例が多数掲載されており、「高級車には自信あり!」といったことが一目でわかるようになっています。

加えて、ラッピングやプロテクションフィルムのみならず、車内部のさまざまな機能のカスタマイズができるということも強みのひとつであり、高級車のユーザーにとっては相性のよい業者と言えるでしょう。

第3位 カーロ
ポルシェ、フェラーリなど高級車への施工実績が多く高い信頼

3位にランクインしたのは、株式会社リーズジャパンが運営している「カーロ」です。

所在地は神奈川となっており、東京都内、横浜などの首都圏から車で訪問しやすい立地となっています。

このカーロの強みは、なんといっても高級車へのカーラッピングとプロテクションフィルムへのこだわり!とくに高級車の価値を下げる大きな原因となり得る「飛び石」への対策を重点的に行っており、透明性の高い「XPEL」プロテクションフィルムの施行によってそれを防ぐことを推奨しています。

信頼性に関しては、高級カーディーラーと複数契約を行っているというのも、高い信頼性の現れと言えるでしょう!

第4位 GRAD
高級車やイベントカー等豊富な実績がある

4位にランクインしたのは、愛知県尾張市にある「GRAD」という業者です。

今回のランキングで紹介した業者の中では唯一東海地方にて事業を展開しており、同地域にて在住されている方とは相性がよいかもしれませんね。

この業者に関して私が個人的に優れていると感じた点は、高級車だけではなくイベントカー等のカラーチェンジ、ラッピング実績があること。

また、店舗をはじめとする建築や看板、バイクにボート等のラッピング実績があるということです。

また、フィルムコーティングサービスも行っているようですが、公式HPを見る限りではどちらかというとカラーチェンジをはじめとするデザイン面を重視した施工の実績が豊富なようですね。

第5位 G-DESIGN
北陸福井の高級車カーラッピング業者

ランキング最後となる5位に選んだのは、福井県福井市の「G-DESIGN」です。

今回ランキングで紹介した中では、唯一北陸方面のカーラッピング業者となりますね。

この業者の強みは、高級車のカーラッピング

イタリア高級車の雄であるランボルギーニをはじめ、知名度の非常に高いフェラーリやポルシェ、ベンツなど、さまざまな人気車種のカーラッピング、プロテクションフィルムコーティングを手がけた実績があります。

また、外部のラッピングのみならず、内部コンピューターのカスタマイズを手がけているというのも強みのひとつであり、こだわりにこだわりぬいたカスタムも可能となります。

「のらいも工房」を1位としてご紹介した理由


さて、比較ランキング形式でカーラッピングの施工業者をご紹介してきましたが、この項目では「のらいも工房」を特に優れていると思った理由をご説明します。

私も実際に注文してみて、素晴らしい出来栄えだったため自信を持ってご紹介します。

■価格や納期、施工例など詳細情報が明確!

このサイトに載せている業者は、どこもクオリティが高いラッピングを行う専門店ですが、利用者にとっての利便性という面では差があると個人的には思いました。

カーラッピングについて調べ始めた当初一番困ったのは、各ショップの公式ホームページの情報があまり充実していないということでした。

しかしそんな中で「のらいも工房」は注文から完成までの流れやステッカーの説明、施工例の写真や価格、納期などをはっきりと記載しており、信頼できそうな業者だと感じられました。

ホームページがしっかりしていないと、やはり不安になってしまいますしネットで手軽に詳細情報が得られた方が便利ですよね。

■印刷からデザイン、施工まで全て対応!

「のらいも工房」は印刷、デザインも得意なのが他とは違う特徴です。

印刷は溶剤系高品質インクジェットプリンターで行っており、カーラッピング向けのシートにイラストや写真を印刷することが可能です。

そして、イラストレーターやフォトショップなどの画像専門ソフトが無くても、画像データを用意すれば車全体をデザインしてもらえるのは嬉しいですね。

私は特に画像作成するソフトを扱えるわけではないですし、デザインセンスにも自信がなかったため、とても助かると思いました。

また、アニメ公式許諾済の使用可能な素材などを提案してもらえる場合もあるようです

■幅広いジャンルでの実績!高い技術力!

痛車だけでなく高級車やイベントカーの製作、大型トランスポーター、ライブトラック、宣伝用トレーラー、輸入車カスタマイズ、レーシングカーなどここまで多彩なジャンルのラッピングを行っている業者は他にはないのではないでしょうか?

そして、カーラッピングというと痛車をイメージする人も多いかもしれませんが、高級車の色を手軽に変えたいという方や表面を保護したいという方にも「のらいも工房」での施工はオススメです。

様々な形状の車にラッピングを施す高い技術を保有しているため、クオリティには安心してお任せできるでしょう。

取り扱っているフィルムも多く、どんな注文にも対応してもらえそうです。

また、施工後に半年間の保証があるということも業者を選ぶ時の決め手でしたね!

高い買い物ですからこのようなサービスは嬉しいです。

カーラッピング・プロテクションフィルムのおすすめ施工業者情報比較一覧

さて、本サイトではおすすめのカーラッピング施工業者をランキング形式で紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ豊富な実績があり、高級車へのラッピングにも力を入れている専門店ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各施工業者の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名のらいも工房ジャスティスカーロGRADG-DESIGN
住所〒216-0002
神奈川県川崎市宮前区
東有馬3-15-4
東京都内や横浜から
アクセス良好
〒571-0002
大阪府門真市岸和田
3丁目45-23
〒216-0002
神奈川県川崎市宮前区
東有馬3-15-4
東京都内や横浜から
アクセス良好
〒488-0826
愛知県尾張旭市
大塚町3-4-6
〒910-0834
福井県福井市丸山
3丁目403
特徴・痛車やレーシングカー、高級車、さらにはライブトラック、トレーラーまで幅広いジャンルの施工実績がある
・印刷からデザイン、施工まで社内で全て対応
高品質なフルカラーカーラッピング
・国産車から輸入車まで高級車の実績が豊富
・ラッピング世界大会で4位
・高級車におすすめのペイントプロテクションフィルムの取り扱いあり
・貼ってあるのが分からないほど精度が高い
・建築、看板施工、バイク、ボートのラッピングなど車以外にも実績がある
ウィンドウガードフィルムの取り扱いあり
高級車の実績が多い
・二重構造のプロテクションフィルム
価格<フルラッピング>
軽自動車/350,000円〜
輸入車セダン/700,000円〜
スーパーカー/900,000円〜
<フルラッピング>
軽自動車/350,000円~
輸入車セダン/450,000円~
ワゴン/650,000円~
スーパーカー/1,000,000円~
<プロテクションフィルム>
非公開
<フルラッピング>
軽自動車/350,000円〜
輸入車セダン/700,000円〜
スーパーカー/900,000円〜
<プロテクションフィルム>
フロントフルカバー/297,000円〜
フルボディセット/972,000円〜
<フルラッピング>
軽自動車/250,000円~
輸入車セダン/400,000円~
ワゴン/450,000円~
スーパーカー/600,000円~
<プロテクションフィルム>
非公開
<フルラッピング>
非公開
<プロテクションフィルム>
非公開
保証施工後、半年保証あり(諸条件あり)不明施工後、半年保証あり(諸条件あり)不明不明
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どの業者も魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは価格や実績といったところでしょう。

また、おすすめの施工業者として、ラッピングの技術が高いのは大前提ですが、取り扱いフィルムには違いが見えるので、自分の希望や理想にあった業者を選び、理想の痛車や高級車を作り上げてください!

カーラッピングとは?


今更ではありますが、そもそもカーラッピングとは何かというと車のボディに薄いフィルムを貼り付けて装飾をしたり、表面を保護する方法を指します。

カーラッピングを行う目的は様々で、漫画やアニメ、ゲームのキャラクターなどを車体に貼り付ける通称「痛車」を製作したいという人から、企業イベントの宣伝トラックの製作をしたい人にまで幅広く利用されています。

また最近では、高級車の色を自分仕様に変えたい、飛び石防止したいというニーズが増えており注目を集めています。

カーラッピングは元の車体を傷めずに、塗装よりも色や質感を手軽に変えられるため、長く車を使用してきてイメージチェンジしたいといった方にもぴったりですね。

そして色は変えずに、透明なプロテクションフィルムで愛車を飛び石などによる細かい傷から守りたいという方も増えています。

高級車のドレスアップ自体はヨーロッパやアメリカでは10年以上親しまれてきました。

今後日本でもこの動きは拡がっていくでしょう。

痛車、愛車のカスタム方法!


■フルラッピング

フルラッピングはカーラッピングの中でも一番技術を要する方法で、車のボディ全体をまるごとフィルムで包み込みます。

中々自分で行うのはハードルが高いため、施工業者に頼む方がクオリティの問題を考えてもおすすめです。

また、細部にこだわりたい方や貼っていることが分からないほどの精度を求めている場合には、車のパーツを分解することがあります。

例えばドアを開けた時に見える溝の部分にフィルムを貼りたい場合には、パーツを取り外さなければ綺麗にラッピングすることは難しいです。

整備の専門業者とラッピング業者が提携していることもあるため、注文をする前に確認して信用できる業者を選びましょう。

専門知識を持っている業者にバラす作業を行ってもらえる方が安心です。

フルラッピングは車全体にキャラクターデザインを入れたい方やプロテクションフィルムで車をまるごと覆いたい方、色を変更したい方におすすめの方法です。

■パーツラッピング

パーツラッピングはルーフやボンネット、バンパー、窓ガラスなどに部分ごとにラッピングすることを言います。

カーボン調フィルムを部分的に入れてアクセントにしたり、リアガラスにシースルーフィルムを貼り付けて車内からは外が見えるようにするなどの方法が特に人気があります。

高級車やスーパーカーは全面ラッピングするのも良いですが、部分的に色を変えてもカッコいいかもしれませんね。

さりげないカスタムがおしゃれです。

まだ全体にラッピングを施すのに勇気が出ないという方やまずは小さいパーツを業者に頼んでクオリティのチェックをしたいという方にも是非試してもらいたい方法です。

■カーマーキング

カッティングステッカー、カッティングシートなどと呼ばれているフィルムを使用して車の一部に比較的手軽にロゴやワンポイントなどを入れられる方法です。

これに関してはDIYする人もいるようですね。

施工業者に依頼すると、単色のカッティングシートをカットして貼りつけるだけでなく、シートへのグラフィックフルカラー印刷に対応してくれることもあります。

画像データ作成の対応範囲は業者によって違いますので確認してみてくださいね。

カーラッピングフィルムにはどんなものがある?


■おすすめフィルムメーカー

ラッピングフィルムといえば3Mのラップフィルムシリーズやオラカルが有名で評判が高いです。

取り扱っている業者も多く、ラッピング業界ではスタンダードなフィルムと言えるでしょう。

3Mのフィルムは特に貼る時にしわになりにくく、剥がしたい時に綺麗にはがせるのが特徴です。

また剥がせることが当然とされているラッピングフィルムですが、メーカーによっては年月が経つと剥がしにくくなり車体の塗装面が破損してしまったり、糊が残ってしまったりと問題になることもあるので注意が必要です。

フィルムメーカーにもこだわりましょう。

■人気のフィルムは?

一番人気があるフィルムは何といっても、「カーボン調フィルム」です。

遠目だと斜線が入っているように見え、クールでどんな車にも合わせやすいです。

窓枠やサイドミラーなど細かいパーツに使用するのがワンポイントになって良いということから、フルラッピングよりも部分的に貼りたいという人が多いようですね。

光沢が強いものから抑えたものまで様々なメーカーから発売されており、インターネット通販でも沢山見かけます。

人気カラーはマットブラックです。

他にも少し変わったフィルムとしては、「シースルーフィルム」があります。

窓ガラスにラッピングしたいと考える人もいると思うのですが、普通のフィルムを使用してしまうと当然ながら外が見えなくなってしまうため危険です。

そこでシースルーフィルムを活用すると、外側は鮮やかに装飾しつつ内側からは外の景色を見ることが出来るのです。

シートの表面には無数の小さな穴が開いており、メーカーによって透過率は変わってくるようです。

車体を守るにはプロテクションフィルムがおすすめ!


プロテクションフィルムは透明であるため、車の印象を変えないでボディを保護したい場合によく使用されます。

他にも同じような機能を持つ方法として、コーティングや塗装があるのですが、私はフィルムを利用した保護を強くおすすめしたいです。

その理由をこれからご説明します。

ワックスなどのコーティング材は汚れを防止し光沢を出すことに関しては優秀ですが、薄い塗料の膜で飛び石から守ることは非常に厳しいです。

また車をずっと展示している場合には話は別ですが、車は走らせれば必ず飛び石がボディに向かって飛んできます。

傷が出来る度に塗装し直していては手間もお金も掛かってしまうでしょう。

そこでプロテクションフィルムを使用すると、手軽に傷と余計な費用がかかるのを防ぐことができるのです。

飛び石の衝撃を吸収してくれますし、太陽光で温めると自然にシート上に出来た軽い傷が消滅したりと驚きの機能があります。

さらに透明度が非常に高いためガラス面への施工も可能です。

車体のくすみ、荷物の積み下ろし、ドアの開閉、女性のヒールなどによる傷の防止にもなります。

嬉しいメリットが沢山ありますね。

そしてプロテクションフィルムはもともとヘリコプターや戦闘機を保護するために開発されたものですので傷に強いのは当然なのかもしれません。

カーラッピングの耐久性はどのくらい?


■使用出来る期間は?

ラッピングはどのくらいの期間、使用し続けることが出来るのか耐久性に関して疑問に思っている方は多いと思います。

フィルムメーカーや使用方法によって違いがあるのですが、平均で3年~5年くらいと言われています。

近年フィルムの品質は進化してきていますので、この期間よりも長く持つケースもあるようです。

しかしながら時間が経つにつれて剥離は難しくなってきますし、使用しているうちに剥がれてしまうこともありますので定期的なメンテナンスは必要かもしれませんね。

もし剥がれてしまった場合でも意図的に剥がしたのでなければ、無料で対応してもらえる場合が多いため施工業者の方にすぐに連絡しましょう。

カーラッピングは数年ごとに取り替えて楽しむという利用方法がおすすめです。

■洗車やワックスの使用は大丈夫?

また洗車は手洗いを推奨している施工業者もありますが、洗車機を使っても問題ない場合もあるようです。

ラッピングの耐久性は業者によって差があるため事前に確認しておきましょう。

ただし、フィルムの表面が破けて剥がれてしまう原因になりますので、高圧洗車機には注意が必要です。

ワックスに関してもフィルムによってはふき取れなくなったり、マットな質感にしたのに艶がでてしまうなどトラブルが起きています。

コーティング材もフィルムとの相性があるので必ず専門知識を持った施工業者に相談することが大事ですね。

せっかく高額なラッピングを行ったのに、自分の軽率な行動で台無しにしてはもったいないです。

カーラッピングの価格の相場はどのくらい?


さて、費用がどの程度かかるのかということは知っておきたいですよね。

全体的に高額なので、お金を貯めてからでなければ厳しいという方もいらっしゃるでしょう。

車種により違いがあり一概には言えないのですがフルラッピングの場合、軽自動車なら50~60万円程度、スーパーカーなど複雑な形状の車になると100万円以上かかることが多いようです。
またプロテクションフィルムの場合、フロント周り一式で35万円前後、全面に貼ると100万円前後という調査結果でした。

このように、全てまるごとラッピングとなるとやはりハードルが高いですよね。

そんな方は、まずパーツラッピングをお願いしてみるのは如何でしょうか?

部分的な施工は数万円と比較的、安価な料金設定になっています。

施工業者との相性もありますから、まずはお試ししてみてこれから先も一緒に素敵な痛車、愛車をつくり上げていけるのか判断しましょう。

施工業者とは長い付き合いになるため慎重に検討してくださいね。

まとめ


これまで、カーラッピングの施工業者情報をまとめてきましたが、如何でしょうか?

最後に今までの復習をしたいと思います。

私が一番おすすめしたい業者は「のらいも工房」です。

価格や納期、施工過程がはっきりとHPに書かれているのは安心できますね。

印刷からデザイン、施工まで非常に高い技術で対応してもらえます。

痛車製作や愛車のカスタム方法にはフルラッピングやパーツラッピング、カーマーキングなどがあります。

高級車やスーパーカーを守るにはプロテクションフィルムがおすすめです。
カーラッピングの耐久年数は3年~5年といわれていますが、数年ごとに取り替えて楽しむのも良いと思います。

ただし、洗車やワックスの使用には十分注意しましょう。

必ず専門知識を持った業者に確認してください

ラッピングにかかる費用ですが、フルラッピングで50万~100万円程度とかなり幅があります。

まずは安価なパーツラッピングへ挑戦してみましょう。

DIYでやってみようと思っている方もいらっしゃると思いますが、やはりプロに依頼すると完成度の高さが違います!

是非一度業者への依頼も検討してみては如何でしょうか?

このサイトを参考にして自分の目的に合った施工業者を見つけてみてくださいね。
 

 

記事一覧

自動車好きの方のなかにはデフォルトの塗装色では満足できず、好みのデザインを施すために車体色をカスタマイズする方 ・・・[続きを読む]
カーラッピングとは名前の通り車にフィルムシートを貼ってラッピングすることです。 いろいろな道具を揃えたり技術も ・・・[続きを読む]
カーラッピングは個人ユーザーから法人ユーザーにまで幅広く行われています。 コンパクトな施工ならDIYで行うこと ・・・[続きを読む]
カーラッピングは、特殊なフィルムを車のボディに貼り付けるものです。 印刷したものを貼ることができ、剥がすのも簡 ・・・[続きを読む]
気軽に車のイメージチェンジを楽しめるのがカーラッピングで、純正品にはないカラーや質感を楽しむことが可能です。 ・・・[続きを読む]
カーラッピングは費用のかかる塗装と異なり、簡単に自動車のボディを自分の好きな色や模様に変えることができる非常に ・・・[続きを読む]